いよいよ18日にピン〈G425〉が発売開始 二木ゴルフでは史上最高の予約本数に!

今週18日にいよいよ発売!(写真は3タイプあるうちの〈G425 MAX〉)
今週18日にいよいよ発売!(写真は3タイプあるうちの〈G425 MAX〉) 【拡大】
昨年から売れまくったピンゴルフの〈G410〉シリーズ。その後継モデルの〈G425〉シリーズが今週18日に発売開始される。店頭では9月最初の週末から試打クラブが用意されたが、最も関心の高いドライバーの予約注文の出足はいかがなのだろうか?

小誌連載「ギア ダーウィン研究所」の解説でもおなじみのヴィクトリアゴルフロッテ葛西店店長の峯明弘氏は「ユーザーの注目度は高く、試打の件数も多いですし、予約もヒット作を予感させる本数をいただいています。すべての人に合うクラブなんてありませんが、ヘッドが3タイプ、シャフトも7種類用意され、フィッティングを重視するメーカーなので、ちゃんと試打することで多くの人にマッチするでしょう」と、大きな期待を寄せる。

二木ゴルフでは、さらに期待感を高めている。「5~6日の週末の予約を全店舗集計したところ、過去の他メーカーのヒットモデルも含めて弊社史上最高の本数をいただきました。8月31日に〈G425〉が発表されると、すぐに試打の予約が入り始め、その週末は試打打席で〈G425〉を打つ人ばかり。試打をお断りせざるを得ない店舗もありました。これなら宣伝も予約キャンペーンも必要ないですね(笑)。関心度が高いのですから、間違いなく売れるでしょう」(同社取締役・北條圭一氏)

ピンゴルフによれば、「〈G410〉が発売される前の予約数より今回は5割増を見込んでいましたが、すでにそれを上回った予約数をいただいています。〈G400MAX〉のユーザーからは次のMAXを待っていたとの声も伺っていて、ありがたい限りです」(広報担当者)と、まずは好調なスタートを切れてホッとしているようだ。

余計な心配ではあるが、あまり売れすぎると生産が追いつかず、昨年の〈G410〉ドライバーのときのような数週間待ちという可能性もありそう。だが、ピンゴルフに聞くと「製造体制も見直していますから、今回は欠品を起こさないように準備は万端です」とのこと。

この秋のニュードライバーは注目モデルが多いので、〈G425〉と併せて一度試しにショップに行ってみてはいかがだろうか?

(本誌・中澤浩治)
※週刊パーゴルフ2020年9月29日・10月6日合併号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2020年9月29日・10月6日合併号(9月15日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●いよいよ18日にピン〈G425〉が発売開始 二木ゴルフでは史上最高の予約本数に!
●3パット禁物の全米オープン開幕!日本勢は松山、アマ世界一の金谷ら4人が出場
●世界に先駆けて開幕した韓国女子ツアーがコロナ再拡大で“開店休業”状態に
●米PGAツアーの2020‐21シーズン日程が発表 変則ポイントと観客動員のXデーは?

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ