第5世代ベントのグリーンが二つ!ってスゴイ の巻【Wコージのラウンド記③】

クラブハウスを出ると色とりどりの花とこの看板がお出迎え!
クラブハウスを出ると色とりどりの花とこの看板がお出迎え! 【拡大】
5月25日に緊急事態宣言が解除され、6月19日には県またぎの移動の自粛も解除された。やっとだ! もうこれはゴルフをやるしかない! パーゴルフ歴ン十年、ゴルフ場を見る目をアマ競技100勝の阪田哲男氏に叩きこまれたベテラン編集者・古参コージと、編集部歴3年の新人コージ。3度の飯よりゴルフが好きな、デコボココンビがラウンドしたコースの話をまったく忖度なしにお届けします!

第3回は最近ゴルフ好きの間で人気が高まってきている群馬県の伊香保カントリークラブ。伊香保温泉の温泉街からほど近く、会場は1959年と群馬県では最も長い歴史を持つ名門です。同コースでは開場から60年を過ぎ、育ちすぎた樹木の伐採やバンカーの増設など、ここ数年で様々な改修を実施。その中でも特筆なのがグリーン! 2018年につつじグリーンを第5世代ベント芝〈ピュアディスティンクション〉に。昨年には、さくらグリーンを名門コースで多数採用されている、こちらも第5世代ベント芝〈777(トリプルセブン)〉に改修した。古参コージは昨年、〈ピュアディスティンクション〉のつつじグリーンでラウンドしたそうで……。

古参コージ(以下、古):素晴らしかったんだよ。速さはもちろん、色の鮮やかさや密度も。耐暑性と耐寒性も抜群、病気にも強いし、スズメノカタビラなどの雑草も生えにくいんだって。ちなみに芝を扱っている会社のホームページを見ると値段はお高めだね。ほんと、このコロがりの良さは衝撃的だったよ! 

新人コージ(以下、新):芝生を売っている会社のホームページとかも見るんですか?

古:好きなんだよね、芝(笑)。ちなみに今回ラウンドしたさくらグリーンの〈777〉は世界の名コースに採用されてきた〈007〉という芝の後継で、こちらもきめ細かくて均一な葉質がたまらないよね。素直でスムーズな感じも。この伊香保カントリーは本当にメンテナンスがいいので最高だよ! 昨年は3番のさくらグリーンはなかったけど、今年は完成して、さらに完璧なコースになったね。

新:正直、芝の違いは感じ取れませんが(笑)コロがりがいいのは分かりました! この梅雨時(※前日は雨、当日も一時小雨)なのに、グリーン上に深いピッチマークはつかないし、スピードも出てすごいですよね。芸人さんは第7世代、ベントは第5世代が旬なんですね!

古:……。群馬最古のコースだけあって、緊急事態宣言が出てからきっちりクローズにして、解けてからオープン。その間もスタッフの皆さんが総出で手入れをしていたようだし、本当に緑の絨毯を敷いたような美しさだったね。昨年来た時より、また木が少し減ったね。古く大きい木を切ることで、コース本来の設計意図が活かされるし、樹木の根元まで日光が届くようになって芝も元気になる。プレーもしやすくなるし、いいことだよ。
練習場は300ヤード!ネットもなく爽快に打てる、なお写真には写っていないが屋根付き
練習場は300ヤード!ネットもなく爽快に打てる、なお写真には写っていないが屋根付き
茶店にはピュアディスティンクションの種が置いてある!
茶店にはピュアディスティンクションの種が置いてある!
フェアウェイは広々としているが、インコースでどちらかに傾いることが多く、置く場所が重要になってくる
フェアウェイは広々としているが、インコースでどちらかに傾いることが多く、置く場所が重要になってくる
新:そうなんですね! 自分は今回が初めてでしたが、本当に面白かったです。傾斜の多い、つつじグリーンにはだいぶやられましたが(笑)、適度なアップダウンに、傾斜がイイ感じに戦略性を高めていていいですね。5番ホール、セカンドからの打ち上げの見た目には驚いたなあ。楽しかったです!

古:インは特にフェアウェイがどちらかに傾いているホールが多いから、ティショットの落としどころからちゃんと考えないとダメ。本当、頭と14本のクラブをフルに使って攻略しないといけないコースだね。戦略性の高さ、最新のベントを使ったグリーン、“通”なゴルファーほど気に入るコースだと思うよ。実際、最近は他県の名門コースのメンバーだったり、競技ゴルファーの来場が増えているとか。
16番のティーイングエリア、このホールはフェアウェイが右に傾斜している
16番のティーイングエリア、このホールはフェアウェイが右に傾斜している
新:今年から平日、週末、季節に関係なく同一料金が採用されたのも嬉しいですよね。伊香保温泉の宿に宿泊すればメンバー紹介と同じ料金になるのもスゴイ! 温泉とゴルフの組み合わせに勝るものはないですからね(笑)。標高が600メートル近くあって、下界から2~3度気温が低いのも、これからの季節はいいですね。なお、スギやヒノキの枝を間引くことで、花粉の対策もされているらしいですよ。

古:そういう気遣いって、手間がかかるからなかなかできないもの。いい話だね。3月ごろは花粉でゴルフから距離を置く人もいるから。あと、奥行き300ヤードもある屋根付きドライビングレンジ、茶屋での漬物サービスなどコース外でもきめ細かいサービスも良かったよね。
17番パー3のティーイングエリア、ここは標高634メートルでスカイツリーとほぼ同じ高さ
17番パー3のティーイングエリア、ここは標高634メートルでスカイツリーとほぼ同じ高さ
新:糖尿持ちの古参さんに嬉しい、ライスの代わりにカリフラワーライスを頼めたり、レストランのメニューにカロリーだけでなく糖質が表示されていたり、本当に細部にも気が払われているのが分かりました。

古:まあ、糖尿持ちにはありがたかったよ(笑)。今日のキャディさんのライン読みは完ぺきだったし、コースもスタッフの皆さんも、本当に気持ちよくゴルフをさせてもらったね。このコースはこれからさらに人気が高まると思うよ、本当に。まだコース改良もされるみたいだし、またここには来たいな。
8番パー5のティーイングエリア、水沢山がきれいに見える!
8番パー5のティーイングエリア、水沢山がきれいに見える!
コースの公式ホームページ:http://www.ikahocc.co.jp/

※7月16日にさくらグリーン 新緑オープンコンペ開催
詳しくは0279-72-3188までお問い合わせを!

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ