好きな選手を応援しながら写真や動画が撮り放題!女子プロとファンがウインウインになれる試合が開催へ

詳細はhttps://www.twgtour.com
詳細はhttps://www.twgtour.com 【拡大】
試合中、応援している女子プロを写真や動画で撮りたい!そんなファンの思いがかなえられる女子プロの試合「サンクス・ウィメンズ・ゴルフツアー」が9月24日(木)、裾野カンツリー倶楽部(静岡県)で開催されることが決定した。

参加人数60人で賞金総額300万円(優勝100万円)を予定している今大会だが、出場者はまだ決まっていない。出場を希望する女子プロ(アマチュア資格を放棄した人、JLPGA元単年登録者、同プロテスト合格者。日本人に限る)自らが入場チケットを購入してくれるファンを見つけ、5人のファン(10人上限)が大会事務局に入場チケット代金それぞれ2万円(税込み)を払い込んだ時点で出場が決まるというユニークな仕組みなのだ。

プロを後押ししたかたちとなるファン(大会では「サポーター」と呼ぶ)には、試合中もフェアウェイに入ることができ、スイング中以外であればプレーの妨げにならない範囲で好きな場所から好きなだけ撮影し放題という、画期的な特典が与えられる。SNSを使って生配信してもOKだという。

また、日ごろから応援しているプロに出場してほしいというファンの人は、大会事務局に連絡をして事務局サイドからプロに出場要請してもらうこともできる。

大会事務局代表の和田泰朗ツアープロコーチは、この企画のキッカケには ①新型コロナウイルスによって試合がなくなりプロの職場が失われたこと、②JLPGAのツアー出場資格の変更により、一部の例外を除き、プロテスト合格者しか試合に出られなくなったことの二つがあるという。

「このままではプロとファンとの接点も失われかねません。そこで、プロテスト未合格の選手が出場できる試合を設け、プロとファンの関係を再構築する機会としたいと考えたのです」(和田)

2万円という入場チケットは額面だけを考えれば高額だろう(賞金と運営費に充当される)。だが、「プロがプロたる所以は、プレーで人を感動させること。お金を払ってでもプレーを見たいとファンに思ってもらえるかが問われます。そんなプロのプレーの対価として、ファンは入場料でプロをサポートする。そうして両者の関係を構築したいのです」(和田)

出場者のエントリー受付はスタートしたばかり。出場を希望するプロ、あるいは応援するプロに出場してもらいたいと願うアマチュアは、大会HPより、エントリー要綱を確認してほしい。アマチュアは応援するプロの真剣なプレーぶりを目前で写真・動画に収められる。

この両者ウインウインの関係となる大会が成功すれば、全国で広まる可能性もありそうだ。

(本誌・中澤浩治)
※週刊パーゴルフ2020年7月21日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2020年7月21日号(7月7日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●試合会場でコロナ陽性者が発生するも、残り15試合を完走する覚悟の韓国女子ツアー
●コロナ禍はまだ終息しないけど、徐々にゴルフメーカーに活気が戻ってきたぞ!
●好きな選手を応援しながら写真や動画が撮り放題!女子プロとファンがウインウインになれる試合が開催へ

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ