菊池純&増田伸洋 プロゴルファーによる医療従事者支援プロジェクト!

増田伸洋(写真中央)とともにフェースシールドを寄贈した菊池純(写真右)。その菊池が着用しているEUROZ GOLFオリジナルマスクは、ゴルフウェアの生地に採用されている吸汗速乾に優れたものを使用し再利用可能。オンラインショッピングサイト(euroz.official.ec)等で販売している
増田伸洋(写真中央)とともにフェースシールドを寄贈した菊池純(写真右)。その菊池が着用しているEUROZ GOLFオリジナルマスクは、ゴルフウェアの生地に採用されている吸汗速乾に優れたものを使用し再利用可能。オンラインショッピングサイト(euroz.official.ec)等で販売している 【拡大】
新型コロナウイルスと最前線で闘う医療従事者を支援する動きが広がっており、多くのプロゴルファーもサポートしている。菊池純もそのひとりで、自ら社長を務める「EUROZ(ユーローズ)GOLF」にて生産・販売したオリジナルマスクの収益で、医療従事者支援プロジェクトを立ち上げた。

「ポロシャツの生地で洗えるマスクを作りましたが、医療従事者の皆様に少しでも役に立ちたい思いが募り、このプロジェクトを立ち上げました」(菊池)

寄付先の第1弾として、このプロジェクトに賛同した増田伸洋とともに千葉県柏市医師会へフェースシールド2000枚を寄贈。

「医療従事者の皆様に少しでもありがとうの気持ちが届き、ひとりでも多くの命が救われることを願います」(増田)

今後もこのプロジェクトは継続し、賛同するプロゴルファーやオリジナルマスク購入者の思いと共に各地域の医師会への寄付を続けていく、とのことだ。
(文・編集部)

※週刊パーゴルフ2020年6月9・16日合併号「トーナメントフラッシュ」より

週刊パーゴルフ2020年6月9・16日合併号(5月26日発売)のトーナメントフラッシュでは、以下のようなラインアップで選手たちの気になる最新情報をお届け中です。
●大城さつき 女子プロ14人が“沖縄の象徴”「首里城」再建に250万円寄付
●藤田さいき 急遽始まった熊本生活から再起をかける
●菊池純&増田伸洋 プロゴルファーによる医療従事者支援プロジェクト!

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ