大城さつき 女子プロ14人が“沖縄の象徴”「首里城」再建に250万円寄付

新型コロナの影響を考慮し、寄付金は那覇市へ銀行振り込みで行なわれた。後日、届いた受領書をもつ大城
新型コロナの影響を考慮し、寄付金は那覇市へ銀行振り込みで行なわれた。後日、届いた受領書をもつ大城 【拡大】
昨秋、火災で全焼した世界遺産・首里城(沖縄県)の再建を支援しようと、同県出身の上原彩子を中心に、大城さつき、新垣比菜ら女子プロ14人が総額249万9307円を集め、那覇市に寄付をした。

当初は3月にチャリティコンペを企画していたが、新型コロナウィルスの感染拡大により中止。参加予定だった多くの人が、コンペはなくなっても寄付を申し出た。「皆さんのお気持ちが嬉しかったです。賛同してくれた人の中には大阪在住の小学生(松尾優里奈ちゃん・10歳)もいました」(大城さつき)。善意へのお返しとして、参加者全員に女子プロ14人のサイン色紙と準備した賞品を送り届けた。

首里城の再建はこの先何年かかるか、今は見通しが立たないという。新型コロナが収束して“沖縄の象徴”再建支援を再開できる日がくるよう願わずにいられない。
コンペ、チャリティ賛同者のほか、協力ゴルフ場、警備会社、飲食店などへ140枚のサイン色紙を用意
コンペ、チャリティ賛同者のほか、協力ゴルフ場、警備会社、飲食店などへ140枚のサイン色紙を用意 【拡大】
(文・編集部)

※週刊パーゴルフ2020年6月9・16日合併号「トーナメントフラッシュ」より

週刊パーゴルフ2020年6月9・16日合併号(5月26日発売)のトーナメントフラッシュでは、以下のようなラインアップで選手たちの気になる最新情報をお届け中です。
●大城さつき 女子プロ14人が“沖縄の象徴”「首里城」再建に250万円寄付
●藤田さいき 急遽始まった熊本生活から再起をかける
●菊池純&増田伸洋 プロゴルファーによる医療従事者支援プロジェクト!

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ