例年ならかき入れ時だがプリンスは休業を決断。ステイホーム週間にゴルフ場で何が起きていた?

「おひとり様スルー」なら感染リスクほぼゼロ!(写真提供・マグレガーCC)
「おひとり様スルー」なら感染リスクほぼゼロ!(写真提供・マグレガーCC)
黄金週間が外出自粛週間となった今年、ゴルフ場の置かれた状況も大きく変わった。

世界的にも評価が高い川奈ホテルゴルフコースなど、全国で27コースを保有するプリンスホテルのゴルフ場も4月18日から順次休業。27日からはすべてのコースがクローズとなった。例年ならかき入れ時のトップシーズンに全コースの休業となった事情を、同ホテルの関係者はこう説明する。

「緊急事態宣言が全国に拡大したことを受け、人が多く集まる場所を提供することは適当ではないと判断し、さらなる感染拡大防止に努めるため施設を休業することとしました」

一方で、感染リスクを限りなくゼロに近づける努力をしながら、営業を続けるゴルフ場もある。千葉のAゴルフ場では名物のとんかつなどをテイクアウトメニューに入れた。コース名が伏字になっているのには、もちろん理由がある。今やあちこちで顕在化している同調圧力だ。「実はフェイスブックなどで叩かれ始めまして……」と、担当者の口は重かった。

とはいえ、そもそもこのテイクアウト企画、3密を回避するなら外が一番、という発想からだ。

「いい天気なら、外で食べていただくのもよろしいかと」(関係者)

クラブハウスのテラスやパッティンググリーンの一角など、コース内にテーブルとイスのある飲食スペースを新設。スループレーの終了後やハーフターン時に利用できるようになった。もともと、名物メニューが千葉県産のブランド豚を使ったとんかつ。とんかつ定食など4種類の弁当をそれぞれ1000円ほどで提供。テイクアウト需要が高まる中、とんかつのみでのお土産にも対応している。

千葉のマグレガーCCでは、一人きりでのスループレーを選択するゴルファーが増えている。平日の朝はアウト・イン7組ずつがすべて「たったおひとり様」プレーの日もあり、ときには全体の2割程度を占める20人程度が孤高の18ホールをエンジョイしているという。

「最初は『ナイスショットといってもらえない』とか『独り言が多くなる』とか違和感を訴える声も聞かれましたが、最近は皆さん、すっかり一人のプレーに慣れたようです」(同コース関係者)。

5人乗りカートを独占し、感染リスクはほぼゼロの18ホール。パートナーに気を遣う必要もまったくない、マイペースのゴルフだ。コースと向き合い、自分と向き合う。「おひとり様」だからこそ発見できる魅力がたっぷり詰まっているわけだ。ただ、気を付けなければならない点が一つ。コンビニなどで買い込んだおにぎりなどを、白いレジ袋に入れたままカートに放置することは厳禁だ。

「レジ袋に何が入っているかをカラスは知っています。カートを離れたときに、食事を持っていかれてしまう被害が続出しています。とにかく厳重に封をして、しまいこんでおくしか方法はありません」(前出の関係者)

カートが留守になる場面の多い「おひとり様スルー」は、くれぐれもカラスにご用心。

(日本ゴルフジャーナリスト協会会長・小川 朗)
※週刊パーゴルフ2020年5月26日・6月2日合併号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2020年5月26日・6月2日合併号(5月12日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●コロナ対策製品への異業種参入が相次ぐ中、ゴルフ界から名乗りを挙げたのは、なんとエリートグリップ!
●一部ゴルフが解禁され始めたカリフォルニアで在米ジャーナリストが感染リスク最小化を実地検証
●「タイガー対フィル再び」で全米が大注目も開催地フロリダの州知事と地元民がツイッターで場外乱闘
●例年ならかき入れ時だがプリンスは休業を決断。ステイホーム週間にゴルフ場で何が起きていた?
●えっ、キャディの頭に当たったのは打球でなく銃弾!? 韓国で実際に起きたシャレにならない話

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ