井戸木鴻樹 勝負ボールは新旧マーク入り

この似顔絵、お気に入りです!
この似顔絵、お気に入りです! 【拡大】
元祖フェアウェイキープ王で2013年の全米プロシニア選手権を制し、渋野日向子の前の日本人メジャー覇者の井戸木鴻樹。コロナ禍でシニアツアーの開幕も先延ばしになっているが、日々、調整を行っている。

今季の井戸木は、ブリヂストン〈ツアーB X〉のエースボールに、ブリヂストンが独自で開発したアライメントライン「ジャストインアライメント」入りを使用。真ん中に太いライン、縦にも1本、上下にドットで2本のラインが入っている。

「真っすぐ合わせやすいし、ストロークもしやすい」と井戸木もお気に入り。

その最新のラインの反対側には、15年以上前から使用する似顔絵がプリントされている。「変わらんやろ?」と今年59歳になる井戸木。正確なショットと若々しさは永遠に変わらない。
ブリヂストンが独自開発した「ジャストインアライメント」は真っすぐに合わせやすいと評判
ブリヂストンが独自開発した「ジャストインアライメント」は真っすぐに合わせやすいと評判 【拡大】
(文・編集部)

※週刊パーゴルフ2020年5月12・19日合併号「トーナメントフラッシュ」より

週刊パーゴルフ2020年5月12・19日合併号(4月28日発売)のトーナメントフラッシュでは、以下のようなラインアップで選手たちの気になる最新情報をお届け中です。
●有村智恵 リビングにも飾るお宝は本誌の表紙!
●井戸木鴻樹 勝負ボールは新旧マーク入り
●イ・ボミ 新しい武器を手に入れました!

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ