臨時休業を強いられるインドアレンジが時代に即した新しい対応を始めている

堀尾研仁が指導するビームス&ウィンズステーション公式HP(問い合わせはKEN HORIOゴルフアカデミー http://www.kenhoriogolfacademy.jp/)
堀尾研仁が指導するビームス&ウィンズステーション公式HP(問い合わせはKEN HORIOゴルフアカデミー http://www.kenhoriogolfacademy.jp/) 【拡大】
新型コロナウイルスの影響で4月7日に東京都など7都府県に緊急事態宣言が発令(その後16日に対象を全国に拡大)。それに伴い、感染拡大を防ぐために休業要請をした業態や施設が公表され、屋外型のゴルフ練習場は含まれなかったが、屋内型のゴルフ練習場は対象となった。

ここ数年、街中には屋内型のゴルフ練習場は増えている。自宅や勤務先などに近く、スイングづくりに最適と利用者は増えていたが、臨時休業の措置を取らざるを得なくなった。

これまで多くのツアープロのコーチングを行ってきた堀尾研仁が主宰する「KEN HORIOゴルフアカデミー」は、東京都千代田区有楽町にある屋内型スポーツ施設「ビームス&ウィンズステーション」内でスクールを展開している。

「緊急事態宣言が発令される以前から週末は臨時休業をしていましたが、平日は営業していました。会社帰りに利用してくださる方が多く、通常の3分の2程度の来場がありました」

緊急事態宣言発令と同時に臨時休業に入った。4月分の月会費は5月分にスライドすることを決めたほか、「オンラインレッスンで会員様とのつながりをつくっています」と、対面式以外での活動は続けている。

ちなみにオンラインレッスンは専用アプリを使って受講した前後のスイング比較を行ったり、堀尾メソッドの理解を深めるために10週間、毎日、ドリルの配信やスイング動画のチェック、良い例との比較などを行っている。今後はオンラインレッスン用の新規会員募集も行う。

原江里菜らのコーチを務める森守洋は、東京都三鷹の屋内施設「東京ゴルフスタジオ」で会員制のスクールを運営している。

「臨時休業に入ってからは、お客様一人ひとりのスイングについてスタッフと勉強会をしたり、LINEを使ってコラムや自宅でできる練習法などを配信しています」(森)

SNSのLINEで会員向けに公式アカウント「森守洋オンラインレッスン」を開設。スイング動画を送ればチェックをしてくれ、チャットで質問もできる仕組みだ。現状では会員向けだが、将来的には一般公開をすることも検討している。

石井忍が主宰する「エースゴルフクラブ」は、千葉校は屋外練習場であるためコロナ対策を講じて条件付きで開校しているが、東京都の赤阪、神保町の両校は屋内施設のため臨時休業中。

石井自身はレッスンの要点を3分以内でまとめた動画アプリ「3分ゴルフ」の中で、自宅でできる練習をシリーズ化して動画をアップしている。

また、スクールではオンラインレッスンは行っていなかったが、「オンラインレッスンのミーティングを行い、テストを開始しています」と導入を検討している。

「ただ、レッスンはコーチと受講生のキャッチボールが不可欠。オンラインレッスンは非対面なので、コミュニケーションの問題をクリアすることが課題です」

臨時休業が長期化すれば経営に影響が出てくる施設もあるだろう。生き残りをかけて時代に即した新しい形のレッスンが生まれるのかも知れない。

(本誌・小高拓)
※週刊パーゴルフ2020年5月5日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2020年5月5日号(4月21日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●タイガーとキャディのラカバがファンに訴えられる。試合中の写真撮影がOKの米ツアーならではのトラブル!?
●人気クラブは今のところ在庫十分、本当にコロナの影響が出るのはこれから?
●臨時休業を強いられるインドアレンジが時代に即した新しい対応を始めている
●USGAが地方協会に対する500万ドルの支援を決定。根底にあるのは草の根で競技を支える人たちへの感謝
●PGAティーチングプロ講習会で発熱騒動。医師の診断は「ウイルス性の風邪」だったが…

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ