人気クラブは今のところ在庫十分、本当にコロナの影響が出るのはこれから?

〈マーベリックMAX〉はまだ在庫十分!〈SIM〉は一部のスペックに欠品が
〈マーベリックMAX〉はまだ在庫十分!〈SIM〉は一部のスペックに欠品が 【拡大】
コロナとの闘いの日々が続き、ゴルフ場や練習場も自粛ムードが高まっているが、われわれゴルファーにクラブや用品を供給するゴルフメーカーは今、どうなっているのだろうか。

いくつかのメーカーに聞いてみたが、現状では概ね「生産に大きく影響が出ないように努力しており、今のところユーザー様にご迷惑をお掛けするような事態にはなっておりません」(ダンロップ広報担当者)という回答が多かった。

影響があるところでいえば、ブリヂストンスポーツでは、軽微ながらシューズやバッグ、ウェアといった商品の一部に影響が出ていたり、また製品以外では緊急事態宣言の該当地域(取材後、対象地域は全国に拡大)の直営スクールを全部休校としていたりしているとのこと。ヤマハもフィッティングサービスを提供している「ヤマハゴルフスタジオ高輪」が3月からクローズしており、やはりユーザーとの接点が減少。国内メーカーの場合、流通には大きな影響はないが、サービスの一部が制限されてしまっているのが現状だ。

海外メーカーではキャロウェイが展開するオデッセイの〈トリプル・トラックTEN〉の一部スペックが5月発売予定のところ6月に延期となり、5月に発売される〈ストローク ラボブラック シリーズ ビッグセブン トウ・アップ〉が数量限定製品に変更された。人気の〈マーベリック〉シリーズには影響は今のところないという。

テーラーメイドの人気ドライバー〈SIM〉シリーズでは、中国などからパーツが届かず、「カスタム商品に一部欠品が出始めている状況です」(テーラーメイド広報担当者)。また昨年から大人気のピン〈G410〉でも、一時はクラブの納期が早まったが、また少し遅れてきているのが現状だという。

各メーカーに話を聞いた限り、そこまで大きな影響には至っていないように思えるが、クラブの流通に詳しいゴルフジャーナリストの嶋崎平人氏によれば「ヘッドの生産はほとんどが中国ですから、影響は少なからずあるとは思います。現状で詳しい話は聞こえていませんが、自動車メーカーですらパーツの確保が難しくなっているので推して知るべしかと。新製品についてはファーストロット(初回出荷分)がなくなった場合、追加発注分の確保は相当に難しいのでは、と思います」という。本当に影響があるのは、これからのようだ。

緊急事態宣言が終わり、これからゴルフやるぞ!といった時に買いたい商品が欠品しているのは辛いもの。自粛明けに買うものは今から目星をつけておいたほうがいいかもしれない。それまでメーカー各社もガンバレ!

(本誌・小路友博)
※週刊パーゴルフ2020年5月5日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2020年5月5日号(4月21日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●タイガーとキャディのラカバがファンに訴えられる。試合中の写真撮影がOKの米ツアーならではのトラブル!?
●人気クラブは今のところ在庫十分、本当にコロナの影響が出るのはこれから?
●臨時休業を強いられるインドアレンジが時代に即した新しい対応を始めている
●USGAが地方協会に対する500万ドルの支援を決定。根底にあるのは草の根で競技を支える人たちへの感謝
●PGAティーチングプロ講習会で発熱騒動。医師の診断は「ウイルス性の風邪」だったが…

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ