プロテストを廃止してティーチングに一本化 PGAが踏み出す新時代に求められる“プロ”像とは?

会見後の囲み取材に応じる倉本会長
会見後の囲み取材に応じる倉本会長 【拡大】
3月30日に定時社員総会を開き、倉本昌弘会長の4選が決まった日本プロゴルフ協会(PGA)。シニアツアーが開幕するか否かにばかり注目が集まり(当初、開催の方向で動いていた4月10日~の金秀シニア沖縄オープン、4月16日~のノジマシニアともに、その後、延期が決定)、実は他にもかなり重要な発表がされていた。

それは2022年までに現行のPGA資格認定プロテストを廃止するというものだ。

PGAによると、トーナメントプレーヤー(TP)資格を希望する者(プロテスト受験者)は2000年度の2307人を境に減少を続け、現在は半数以下となっている。現在、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の主管するレギュラーツアーに関しては、PGAのプロ資格にはまったく関係なく予選会(QT)に挑戦でき、当のPGAが主管するシニアツアーに関しても、TP資格だけではなくティーチングプロ(TCP)資格でも予選会にエントリーできる。

1999年にPGAからツアー部門が独立する形でJGTOが発足して以来、プロテストの存在意義が徐々に薄れてきたことによる当然の帰結ともいえるが、倉本会長はもっと切実な事情を説明する。

「ティーチングの資格がないと職場がない現状を踏まえての決断です。これからはちゃんと(ティーチングの)勉強をしてから入会してもらう」(倉本)

TP資格を取得していても、トーナメントの出場よりもゴルフの指導を主たる活動としている会員が多いのが現実。しかし、プロゴルファーに対する求人があっても、TCP資格を持っていないために門前払いになってしまうケースが少なからずあるのだという。今後入会するPGA会員は生活の手段としてのティーチングスキルを身につけたうえで、プレーヤーとしても活動したい場合はツアーの予選会に挑戦する。合理的で現状に即した制度変更のように思えるが、TP、TCPの両方を経験してきたプロはどう考えるか。94年日本プロ覇者で、現在はレッスンを中心に活動する合田洋はこう語る。

「確かに私もレッスン活動に軸足を移してから、打ってみせるのではなく口頭で教えることで苦労しました。説得力のある言葉を身につけるために、改めてレッスンの勉強をしなければなりませんでした」と、レッスンのスキルを身につけること自体には賛成だ。しかし、一方でこんな懸念も口にする。

「もちろん教えることは重要ですが、私にとって“プロゴルファー”とは、プレーの技量も教える技術もゴルフ場の運営も一通りできてこそのプロフェッショナル。TCPに一本化されることで、プロになることの重みが失われ、プロゴルファーとしての本質まで失われてしまうのではないかと心配しています」

今回の制度変更で“プロ”になることのハードルは下がるのかもしれないが、大事なのはプロになってからの自己研鑽というところだろうか。

(本誌・金子信隆)
※週刊パーゴルフ2020年4月28日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2020年4月28日号(4月14日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●東京五輪の1年延期と世界ランキングの凍結で、渋野日向子の五輪出場に黄信号!?
●ゴルフをしたら罰金10万カナダドル!? 米国では“密入ゴルフ”で警察につかまる例も
●プロテストを廃止してティーチングに一本化 PGAが踏み出す新時代に求められる“プロ”像とは?
●昨年の台風19号からの復旧に3700万円をかけた埼玉県の準3セク運営ゴルフ場が閉鎖のなぜ?

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ