ゴルフをしたら罰金10万カナダドル!? 米国では“密入ゴルフ”で警察につかまる例も

(写真・Getty Images)
(写真・Getty Images)
「ゴルフをしたら罰金10万カナダドル(約760万円)!」というなんとも怖いニュースが流れている。

場所はカナダ・オンタリオ州、トロント郊外のブランプトンという人口60万人の市。同市でも新型コロナウイルス感染拡大防止のため“ステイ・アット・ホーム”と、自宅待機命令が発令され、3月26日以降は市の公園、競技場などすべてが閉鎖された。その中にはゴルフ場も含められているのだが、こっそりと入り込んでプレーする人が後を絶たなかった。

そこで市は「そうした行為を見つけたら罰金500~10万カナダドルを科す」として取り締まりを強化。今のところ逮捕者が出たとの情報はないが「この罰金でルールを軽視する人がいなくなれば、人々の安全と健康を守ることができる」と、ブラウン市長は強硬だ。

一方、米国では州によってルールが異なることを利用してプレーを楽しんだ“密入ゴルファー”3人が告発された。ゴルフが許可されているロードアイランド州は4月2日時点ではまだ感染者が確認されておらず、他州から不要不急の入境を禁止。入った場合は14日間の待機義務が課されている。しかし、隣接するマサチューセッツ州でゴルフが禁止になると、こっそり入境してプレーする輩が激増。住民からの通報が相次いでいた。この日、件の3人は州境近くのマクドナルドに集合し、ロードアイランドナンバーの車にクラブを積み込み出発、数時間後に戻ってきたところ、そこには警察が待っていたというわけだ。

3人はすでに釈放されたものの、5月に裁判所への出廷が命じられている。州によって法律も異なる米国ゆえに起こる事態で、アリゾナ、ネバダなど20州あまりは(4月2日時点)は今もプレー可だが、禁じられている州ではその取り締まりの厳しさが増している。カリフォルニア州では営業を続けていたコースに住民からの通報で警察官が駆けつけ、即座に閉鎖を言い渡される出来事も。ビーチが立ち入り禁止となっている海で、勧告を無視して波乗りを続けていたサーファーが罰金1000ドル(約11万円)を科せられた一件も報じられたので、ゴルファーも他人事ではない。ストレス発散には最高のゴルフだが、「さすがにこの罰金は痛すぎる」と、禁止州のゴルファーは我慢を強いられる日々が続きそうだ。

(在米ゴルフジャーナリスト・武川玲子)
※週刊パーゴルフ2020年4月28日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2020年4月28日号(4月14日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●東京五輪の1年延期と世界ランキングの凍結で、渋野日向子の五輪出場に黄信号!?
●ゴルフをしたら罰金10万カナダドル!? 米国では“密入ゴルフ”で警察につかまる例も
●プロテストを廃止してティーチングに一本化 PGAが踏み出す新時代に求められる“プロ”像とは?
●昨年の台風19号からの復旧に3700万円をかけた埼玉県の準3セク運営ゴルフ場が閉鎖のなぜ?

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ