アーニー・エルスのシニア初勝利に貢献!〈ゼクシオ イレブン〉で302ヤードぶっ飛ばした

ゼクシオで300ヤード以上飛ばしてます。50歳です(写真・Getty Images)
ゼクシオで300ヤード以上飛ばしてます。50歳です(写真・Getty Images) 【拡大】
日本でも人気の“ビッグイージー”ことアーニー・エルスが、シニア参戦3試合目にしてチャンピオンズツアー、ホーグ・クラシックで勝利。うれしいシニア初優勝を遂げた。

エルスは2018年からダンロップが展開する〈ゼクシオ〉ブランドのグローバルアンバサダーとして活動。この試合では最新モデルの〈ゼクシオ イレブン ドライバー〉(ロフト8.5度)を使用し、最終日にはドライビングディスタンス302ヤードを記録、フェアウェイキープ率は71%だった。最終日は「グリーンで苦戦した」と話したが、持ち前のビッグドライブに加え、安定感も抜群。勝利をもぎ取った。

〈ゼクシオ〉ブランドの世界での勝利は2月の米女子ツアー「ISPS ハンダ・オーストラリアン女子オープン」でのインビー・パーク(※〈ゼクシオ エックス アイアン〉を使用)に続き2勝目。日本ツアーは新型コロナウイルスの影響で開幕が延びてしまっているため、その真価を見せるのはこれからだが、海外ツアーでは着実にその存在感を発揮している。

エルスは〈ゼクシオ イレブン ドライバー〉に対し、「非常にいいクラブ。これを使ってからドライビングのスタッツがとてもよくなった。打感もソフトでいい」とコメント。その飛距離性能の高さを称賛していた。

ちなみに前作の〈テン〉は17~19年で使用者が世界中で計11勝(※アイアンなどを含む)を挙げているという。

国内市場では、特にウッド系で海外ブランドのクラブが人気。このエルスの勝利が、国内ブランドの王者〈ゼクシオ〉の人気をさらに押し上げることになるのだろうか。

今年50歳になるエルスのチャンピオンズツアーの平均ドライビングディスタンスはなんと293.7ヤード。アマチュアから、パワーヒッターまで使える幅の広さも〈ゼクシオ〉の魅力。“ビッグイージー”効果でブランド20年目も売り上げは安泰か!?

(本誌ギア班)
※週刊パーゴルフ2020年4月7日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2020年4月7日号(3月24日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●米誌へのアンケートで米ツアープロが本音ぶっちゃけ!最も恥ずかしいプレーはアマチュアも共感できるアレ
●昨秋の台風で大きな被害を出した市原の練習場。補償問題にコロナウイルスが影を落としていた
●アーニー・エルスのシニア初勝利に貢献!〈ゼクシオ イレブン〉で302ヤードぶっ飛ばした
●企業のコンペは中止になってもアマチュア競技はほぼ“例年並み”の出場者

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ