初めてツアーキャディの協会が発足。目指すはプロとキャディのマッチングサイト

昨年の伊藤園レディスでのイ・ボミと清水キャディ(写真・Getty Images)
昨年の伊藤園レディスでのイ・ボミと清水キャディ(写真・Getty Images) 【拡大】
新型コロナウイルスの感染拡大による自粛ドミノにより、中止になってしまった序盤の国内女子プロゴルフツアー。稼ぎ場所がなくなってしまったのは選手だけではない。バッグを担ぐプロキャディたちも同様だ。

「僕は近くの工場でバイトをしています。他の方々も衣料量販店の商品補充とか、様々な職業で収入を得ています」

と語るのは、昨年末に発足したばかりの「日本プロキャディー協会」の初代会長に就任した森本真祐氏(46)。本拠を東京・丸の内に置き、「プロキャディーの社会的地位の確立、環境改善を目指す」ことを旗印にスタートした団体だが、いきなり開店休業状態と厳しい船出となっている。

男女ツアーの同週開催時にはキャディは200人以上必要になる売り手市場となるが男子が開幕せず、女子も中止となった今はゼロ。プロキャディたちも地元に戻りアルバイトで糊口をしのぐしかない状況を強いられている。いつ再開されるかわからないため、できる仕事も限られている。

もちろんトーナメントが再開されれば森代表らの出番もやってくる。今のところ協会は鈴木愛らのバッグを担ぐ森本代表理事と、元イ・ボミのエースキャディ清水重憲副代表理事に理事一人と監査一人を加えた4人のみで構成されているが、シーズンが開幕すれば本格的な活動も開始されるはずだ。

実際のところ、旗印に掲げられている「職業的地位の改善」とはどういうことなのか。

「たとえばトーナメントによっては、トーナメント用のキャップを被るか、被らないかを選択させられるケースがあります。別のキャップを被ることが許されないのに、キャップのサイズがひとつしかないケースがある。人によっては頭が大きすぎてかぶれないということもあるんです」

こうしたケースは年間を通してみると10試合以上はあるという。猛暑となる7~9月のトーナメントでは、熱中症予防のためにも帽子の着用は必要。この状況では、いつ倒れてもおかしくはない。

荷物置き場の問題もある。「ロッカーを貸していただけるケースもありますが、トーナメントの初日から日曜日までとなることが多い。練習日やプロアマの日は荷物置き場が確保されないことがありました。車で来ていない人は、荷物を置く場所すらないんです」。

駐車場の問題などもある。「遠くの駐車場からの送迎バスが2台しかないこともある。ボランティアやスタッフで満員になり乗れず、スタートに遅刻しそうになることも」。ツアーにプロキャディが登場するようになって20年以上が経過したが、まだまだ待遇は厳しい。

一方で、最近のトーナメントにおけるキャディ不足は深刻だ。セルフプレーの普及によりハウスキャディが減少しているのに加え、学連ゴルフ部のアルバイトも激減しているからだ。宮崎の大会に福岡の大学の柔道部の選手たちが動員されたこともある。

こんな事情があるため3協会(日本プロゴルフ協会、日本女子プロゴルフ協会、日本ゴルフツアー機構)からもプロキャディー協会には激励の言葉が送られたという。「まずは会員を集めて環境を整え、若手を育てることが目標。将来的にはプロとキャディのマッチングサイトの実現も目指しています」と語る森本代表。実現すればキャディのスケジュールやプロフィールを検索し、選手側がオファーを出すことも可能になる。

だが、試合がなくてはどうすることもできない。プロキャディたちのためにも、1日でも早いトーナメントの開幕が望まれる。

(日本ゴルフジャーナリスト協会会長代行・小川朗)
※週刊パーゴルフ2020年3月31日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2020年3月31日号(3月17日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●世界リードする米ツアーですらコロナに負けた!? わずか1日で開催→無観客→中止のドタバタ
●タイガーが1カ月にわたり欠場中。腰の具合は、マスターズは大丈夫?
●今季の新規契約まとめ!やっぱりプラチナ世代の人気がスゴい
●新参なのに年間1500試合で総額62億円!? プロや業界関係者をザワつかせるWDCツアーって?
●QT失敗から賞金王!アジアで躍進する22歳のイケメン関藤直熙はすごい勝負強さを持っている
●初めてツアーキャディの協会が発足。目指すはプロとキャディのマッチングサイト
●メディアもあまり入っていなかった、ダイキン中止の沖縄で記者が考えたこと

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ