クルマなら聞いたことあるけど……キャロウェイの「認定中古」ってどんな仕組み?

認定中古クラブ販売サイトの画面。エピックフラッシュなどの人気モデルもすでに出ている(https://www.callawaygolf.jp/)
認定中古クラブ販売サイトの画面。エピックフラッシュなどの人気モデルもすでに出ている(https://www.callawaygolf.jp/) 【拡大】
2月3日から、キャロウェイゴルフが、同社の公式オンラインショップで認定中古クラブの販売を始めた。メーカー保証の中古自動車は耳にするが、認定中古クラブとは聞きなれないワードである。中古クラブをどのように入手しているのかも気になるが、タネ明かしをすれば、中古クラブは同社オンラインショップの下取りサービスで買い取ったものである。

この下取りサービスは、同ショップで新品クラブを購入することを条件にクラブを下取りするもので、手順は概ね以下の通り。


◆ステップ1:新品クラブをオンラインで購入する際に、下取りに出したい製品を登録すると想定下取り金額が表示される。

◆ステップ2:新規で製品をオンラインで購入し、自宅に届いた配送クラブボックスに下取りに出すクラブを梱包して、同社へ返送。

◆ステップ3:同社の専任スタッフが確認し、査定金額を確定。

◆ステップ4:査定金額にユーザーが同意した場合、承認メールを同社に返信。

◆ステップ5:新規購入に使われたクレジットカードに下取り金額が入金。


下取りは同社製品だけでなく、他社製品でも同社が指定した製品なら対象になる。キャロウェイ新製品が下取り価格分だけ、安く買えることになり、ユーザーにはメリットがある。

一方の認定中古クラブ販売だが、下取りしたクラブの中で、専任スタッフが評価したキャロウェイ正規製品の中古クラブのみを販売する。サイトを見ると、モデル別に認定中古クラブがシャフト、ロフトなどのスペック、4段階のグレード及び価格が表示されており、選ぶことができる。購入すると、3カ月のメーカー保証が付き、新しいグリップに交換したものが納品される。

なぜ、こうしたシステムを立ち上げたのか、キャロウェイゴルフの菅野泰臣ディレクターに聞いた。

「新しい二つのサービス(下取りと認定中古販売)で、いままで以上に気楽に、より多くのキャロウェイゴルフ製品をお楽しみいただくことが可能になり、更にメーカー認定なので安心して購入いただける」

実は米国では2004年からすでに実施しているシステムで、ゴルファーに購入方法の選択肢を提供している。国内大手のダンロップ、ブリヂストンに確認したところ、まだ追随する動きはないようだが、ゴルファーにとって安心の正規製品を安く購入できるのは大歓迎。これからの動きに注目したい。

(ゴルフジャーナリスト・嶋崎平人)
※週刊パーゴルフ2020年3月10日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2020年3月10日号(2月25日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●フィールドの厚い招待試合でショット力が1位!マスターズ制覇へ松山英樹に「明るい材料」(本人談)
●クルマなら聞いたことあるけど……キャロウェイの「認定中古」ってどんな仕組み?
●松山英樹に、マキロイ、DJも!ウッド型UTを敬遠するハードヒッターが〈SIM MAXレスキュー〉を使う理由
●3800円の低価格ツアーボールを谷原秀人が今季のエースボールに指名!
●ドライバーが2万5000円なのにマーク金井が太鼓判 ゴルフパートナーの〈ユーラスG6〉が侮れない

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ