R&AとUSGAが伸び続ける飛距離を懸念 プロとアマの道具を分けるダブルスタンダードへ!?

タイガーはダブルスタンダードに賛成(写真・Getty Images)
タイガーはダブルスタンダードに賛成(写真・Getty Images) 【拡大】
2月4日、ゴルフの総本山であるR&AとUSGAが「飛距離についての考察レポート」なるものを発表。すわ、クラブやボールに対する大きな規制の前触れか、とゴルフ界は大騒ぎとなっている。

100ページ以上に及ぶこの報告書は、昨今のクラブ、ボールのテクノロジー進化によって、飛距離がどれほど伸び続けているか、そしてそれがゴルフにとってどれほど危ういことかを示している。

「ここ数年の話をしているのではない。ずっと先の未来、100年後を考えなければならない」と、USGAのマイク・デイビスCEOは訴える。

R&Aのマーティン・スランバーズCEOも「今、重要な局面を迎えている。飛距離に頼るゴルフでは、技術が試される本来の面白みがなくなってしまう」とコメント。

飛距離が伸びることでコースも伸ばされ、現在では米PGAツアーのコースは7500ヤード超え。こうなれば水や肥料、木も伸ばされ、どんどん維持費がかさむことになる。距離が長いとそれだけプレーに時間がかかることになり、結果としてプレー費も値上がりし、ゴルフ人口の減少の大きな要因となってしまうことも予想される。大変困った事態というわけだ。

そこで浮上しているのがゴルフ用具のダブルスタンダート化。つまりツアープロとアマチュアなどで規制を別にするというもので、これまで頑なに守ってきた「あくまでも一つのルールに則る」という建前を大きく方向転換する動きだ。

タイガー・ウッズは「二分化されて影響のある用具を使用するのはわずか1%のゴルファーだけ。ゴルフは楽しめるものでなければならないし、子供たちにもっとプレーをしてもらいたい。このままいけばコースは8000ヤードになる。土地のない今はもう不可能だ」と、ダブルスタンダードを肯定する。しかしアマチュア競技やプロを目指すゴルファーはどうするのかなど、ことはそう簡単ではない。

45日後にはより詳細なリポートが発表される予定で、その後も幅広く意見を求めるという。昨年は大きなルール変更があったばかりだが、もしかすると、用具においても近くドラスティックな変革がなされるのかもしれない。

(在米ゴルフジャーナリスト・武川玲子)
※週刊パーゴルフ2020年3月3日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2020年3月3日号(2月18日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●渋野日向子のスポンサーワッペンがさらに増殖中!シンデレラストーリーを契約先で振り返ってみた
●新型コロナウイルスで自粛ドミノ アジアのトーナメントは壊滅状態に
●R&AとUSGAが伸び続ける飛距離を懸念 プロとアマの道具を分けるダブルスタンダードへ!?
●日本を代表する名門でプレーするチャンス!JGAドリームステージは競技初心者にも意外にやさしい

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ