渋野日向子のスポンサーワッペンがさらに増殖中!シンデレラストーリーを契約先で振り返ってみた

この笑顔の市場価値、計り知れず(写真・興和提供)
この笑顔の市場価値、計り知れず(写真・興和提供) 【拡大】
2月6日、渋野日向子が興和株式会社が展開する外用鎮痛消炎薬〈バンテリン〉ブランドとパフォーマンスサポート契約を結んだことが発表された。昨年、AIG全英女子オープンで42年ぶり2人目のメジャー制覇を成し遂げ、「いま最も世界に近い女子選手」として渋野に白羽の矢が立てられたのだ。これで渋野は、同社がサポートするタイガー・ウッズと肩を並べることになる。

渋野は自身のインスタグラムで〈憧れのタイガー・ウッズ選手と同じスポンサードを受ける事になりとても嬉しく、光栄に思います。興和様のサポートを受け、より一層、健康には気を付けてシーズンを戦っていければと思います。「バンテリン」ブランドに恥じないよう、精一杯頑張りますので、応援宜しくお願いします!!〉(原文ママ)と、喜びを表した。

振り返れば、渋野の昨シーズンの初戦、ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップでは、渋野のキャップとウェアには当時の所属先であるRSK山陽放送のワッペンしかついていなかった。しかし、5月のビームスゴルフとのウェア契約をはじめ、6月にキャンディル、8月にTポイント・ジャパン、10月に日本航空と4社が加わり、今年2月からは所属先が宮里藍と同じサントリーになった(RSK山陽放送はスポンサー契約として継続)。それ以前から契約するミック工業、ピンゴルフ(クラブ)とタイトリスト(ボール)、ナイキ(シューズ等)を含めると、今回の興和の時点で11社目。

渋野日向子の主な契約先
渋野日向子の主な契約先 【拡大】
ここまでくれば、そろそろテレビCMに渋野が登場してもおかしくはない。それがタイガーと一緒だったら……そんな期待を込めて、興和の広報部に問い合わせてみると、

「営業制作に関わる部分でもありまして、今後、渋野日向子選手を起用した広告宣伝活動を展開する予定ではありますが、現段階では具体的な内容はお伝えできない状況です」とのことだった。

そのプレーと笑顔で、今やゴルフをしない人でも渋野を認知している。東京オリンピック開催まで半年を切り、代表選考レースの真っ只中にいる渋野をCMに起用すれば、宣伝効果は絶大だろう。さて、どのスポンサーがCM一番乗りになるのか……と、この原稿を締めようとしていたら、さらにコムテックとスポンサー契約を結んだことが本人のインスタグラムで発表された。これで12社目。やっぱりすごいね、シブコ。

(本誌・島村真理子)
※週刊パーゴルフ2020年3月3日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2020年3月3日号(2月18日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●渋野日向子のスポンサーワッペンがさらに増殖中!シンデレラストーリーを契約先で振り返ってみた
●新型コロナウイルスで自粛ドミノ アジアのトーナメントは壊滅状態に
●R&AとUSGAが伸び続ける飛距離を懸念 プロとアマの道具を分けるダブルスタンダードへ!?
●日本を代表する名門でプレーするチャンス!JGAドリームステージは競技初心者にも意外にやさしい

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ