SIMとマーベリックがいよいよ7日に発売!予約数が多いのは果たしてどっち?

今、最注目の2大ドライバー〈SIM〉(左)と〈マーベリック〉
今、最注目の2大ドライバー〈SIM〉(左)と〈マーベリック〉 【拡大】
2月7日(金)にいよいよ発売されるキャロウェイの〈マーベリック〉シリーズとテーラーメイドの〈SIM〉シリーズ。その予約数はどちらがリードしているのか? 「二木ゴルフ」と「ゴルフパートナー ヴィクトリアゴルフロッテ葛西ゴルフ店」に聞いてみた。

二木の商品部部長・磯部秀哉氏によれば「予約数はテーラーメイドのほうが優勢ですね。ドライバーでいうと、〈SIM〉と〈SIM MAX〉は半々です。発売日は一緒ですが〈SIM〉のほうが1週間ほど情報のリリースが早かったのと、〈マーベリック〉のほうは〈マーベリックスMAX〉(※一番やさしいモデル)が4月発売なので、それら影響だと思われます」とのこと。

ロッテ葛西ゴルフ店の店長で本誌連載「ギア・ダーウィン研究所」でもおなじみ、峯明弘氏は「ドライバーの予約数では〈SIM〉のほうが上ですね。テーラーメイドのほうが“かっこいい”というお客様の声もあります。人気のモデルは〈SIM MAX〉。FWは両社トントン、UTなどは〈マーベリック〉のほうが予約が入っています」と教えてくれた。

ドライバーの予約数では〈SIM〉のほうが若干リードしている模様だ。

昨年はピンの〈G410〉が渋野効果もあり、大人気を博した。「今年に入ってからも勢いは継続中です。1月も安定して売れています。驚異的ですね」(磯部氏)、「1月中旬に入ってからは少し落ち着きました」(峯氏)と店により差異はあるが、人気は健在の様子。〈G410〉は使用プロの活躍に加え、曲がらない寛容性がその人気を支えている。

〈SIM〉と〈マーベリック〉も芯を外しても飛ぶ寛容性が売りの1つ。ここから数か月間は、新しい2モデルと〈G410〉のどれが最も曲がらないかで鎬を削ることになりそうだ。

飛ぶだけではない、ミスを助けてスコアに直結するクラブとして軍配が上がるのは、はたして?

(本誌・小路友博)
※週刊パーゴルフ2020年2月18日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2020年2月18日号(2月4日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●SIMとマーベリックがいよいよ7日に発売!予約数が多いのは果たしてどっち?
●バスケット界のレジェンドが墜落死 “同期”のタイガーらゴルフ界も追悼
●チャンネル登録数20万人のカリスマ 三觜喜一のユーチューブは、なぜそんなにウケる?
●記録的暖冬で“やっぱり”!花粉飛散時期早まるものの、救いは飛散量
●日本を脱出しての海外ゴルフ旅行 キャディバッグの中のレーザー距離計にご用心

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ