GOLF Net TV連動「深堀圭一郎 KeyTALK」 第5回 塩見好輝①

「高校時代の厳しさが人生のプラスに…その後、東北福祉大学に進学しプロ入りを決意!」

深堀圭一郎が、ゴルファー仲間をゲストに招き、
ツアーでの出来事から普段聞けないような話までぶっちゃけトークを展開する「深堀圭一郎 KeyTALK」。
プロゴルファーの素顔に迫るこの番組は、GOLF Net TVで配信しています!
第5回のゲストは、塩見好輝です。どんなトークが繰り広げられるでしょうか?


なんでも挑戦したい、好奇心の塊でした(塩見)

深堀 今回からゲストは、塩見好輝プロになります。好輝がゴルフを始めたきっかけは?

塩見 父親が接待でゴルフをすることがあって、たまたま練習場について行ったんです。それが11歳の時で、ボールを打ってみたら当たって飛んでくれました。

深堀 それ以前は何かやっていた?

塩見 水泳や少林寺拳法など、色々なことをやっていました。友達が習っていて、夜に出かけて面白そうだなあ…と(笑)。

深堀 好奇心の塊なんだね。

塩見 そうですね。昔から「何でも挑戦してみたい」という感じでした。でも、上の方まで行くと飽きて辞めちゃう(笑)。

深堀 ゴルフも順調にステップアップしてきたと思うけど、上り詰める先は見えていない感じ?

塩見 ゴルフは、最初プロになるとは思っていなかったんです。高校生ぐらいの時も「プロにはなれないかも」みたいな…。

深堀 そうなんだ。


高校が軍隊みたいに厳しかったのが、今思うとプラスになっています(塩見)

深堀 好輝は大阪出身だけど、埼玉栄高等学校へ進んだじゃない。その理由は?

塩見 「家から出たい!」です(笑)。親の束縛が苦手で「練習しろ」と言われるのも嫌でしたね。

深堀 埼玉栄は環境も整っているしね。お父さんは進学については、どうだったの?

塩見 近くにある大阪桐蔭に行けば…みたいな感じでしたね。でも、どうしても家を出たい…と言いました。関東地区はゴルフのレベルが高いイメージがありましたから、関東でプレーした方が上手くなるのでは…と説得したんです。

深堀 埼玉栄は、どうだった?

塩見 厳しかったです。ゴルフ部もそうですし「学校自体がちょっとした軍隊かも」と感じるぐらい。

深堀 縦横が凄くビシッとしているんだね。高校生活は、その後の自分にプラスになったと思う?

塩見 今思うと…めちゃくちゃプラスでした。規則正しい生活をして、しっかりした挨拶や受け答えなども学べましたから。


好輝が(松山)英樹を拉致したんだ!(笑) (深堀)

深堀 大学進学で、東北福祉を選んだ理由は?

塩見 高校生の時に大学生と一緒にラウンドする合宿があって、来ていたのが東北福祉大学の選手だったんですね。毎日、一緒にラウンドするんですが「上手いし凄く飛ぶな」と…高校生の心に突き刺さりました。

深堀 入学した時の環境は?

塩見 ゴルフしかやらなくていいのかな…という感じでした(笑)。それぐらいゴルフ環境が身近にありましたね。

深堀 東北福祉大学は、トレーニング施設、寮、練習場、コースなどが揃っているからね。

塩見 そうですね。部活が週に3回あって、その時にはラウンドできます。無い日は自主練習ですね。コースに行ってもいいですし、学校内にアプローチグリーンがあるので、そこでアプローチやパターを練習したり…。本当に最高の環境でやれたと思います。

深堀 大学でゴルフをする良さは何だと思う?

塩見 自分の位置が分かりやすいですね。団体戦などは限られた人数しか出場できませんから、選ばれていれば「まあまあ上でプレーできている」というか…。

深堀 学校の中に、自分をはかる物差しがあるんだね。「プロでやろう」と確信したのは?

塩見 大学3年生~4年生ぐらいです。僕が4年生の時に、先輩の藤本佳則さんが『日本ゴルフツアー選手権』で初優勝したんです。

深堀 オレは、初日と2日目に一緒に回っていた(笑)。好輝の一つ上が藤本佳則で、一つ下が松山英樹だよね。英樹のことは、いつから知っていたの?

塩見 僕らは大学1年生の時に、日本ジュニアに勧誘しに行くんですね。そのスカウトに行った時に松山英樹が優勝して、そのまま車で仙台へ連れて帰りました(笑)。

深堀 学校や練習の雰囲気を見てもらうためだと思うけど、もはや拉致だね(笑)。東北福祉大学では金谷拓実選手も出てきているけど、先輩から見た彼はどう?

塩見 初めて一緒にラウンドしたのは、彼が高校2~3年生の時だったんです。当時は「そんなに凄いのかな」という印象でした。でも、パターはめちゃくちゃ上手かったですね。今見ると、飛ぶしアイアンの精度も高くて、パターの上手さが継続されている…あれだけ入れば勝つと思いますね。

深堀 なるほど、高校生の頃の金谷君は「連れて帰ろう」と思わなかったのか(笑)。次回は、好輝にプロ入りの話や憧れのゴルファーなどについて聞いていきます。



~ 次回に続く ~


■プロフィール
・深堀圭一郎/ふかぼり・けいいちろう
1968年10月9日生まれ、東京都出身。1992年にプロへ転向。ツアー通算8勝。ラテール・エンタプライズ所属。

・塩見好輝/しおみ・こうき
1990年9月4日生まれ、大阪府出身。東北福祉大学で主将を務め、2012年には『全国大学対抗戦』など5つの団体タイトルを獲得。その後、プロデビュー2年目の2014年に初シードを手にするが翌年シード落ち。2020年はシード復帰を果たし、今後の活躍が期待されている。国際スポーツ振興協会所属

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ