浮島グリーンが代名詞のピート・ダイが永眠 偉大な設計家の業績を川田太三が振り返る

風によっては米PGAツアーのトップ選手も次々に池ポチャするTPCソーグラスの17番(写真・Getty Images)
風によっては米PGAツアーのトップ選手も次々に池ポチャするTPCソーグラスの17番(写真・Getty Images) 【拡大】
「ザ・プレーヤーズ選手権」の舞台=TPCソーグラス(フロリダ州)や先週「ザ・アメリカン・エキスプレス」開催のPGAウェスト・スタジアムコース(カリフォルニア州)の設計で知られるピート・ダイが今月9日に亡くなった。

彼が設計した最初の著名ゴルフ場は64年設立のクルックドスティック(インディアナ州)だが、次に手掛けたザ・ゴルフクラブ(67年設立、オハイオ州)の長年(83年から35年間)のメンバーだった川田太三氏に、ダイが今日のゴルフ界にもたらした功績を語ってもらった。

ダイとゴルフをしたこともある川田氏は開口一番、「コース造りに時間を惜しまなかった人」と評した。

その代表が80年開場のTPCソーグラスだ。同コースは、当時の米ツアーコミッショナーのディーン・ビーマンの求めによるもの。ビーマンは放映権をはじめ、巨大化した今日の米ツアービジネスの基礎を構築した人物だ。その彼がダイにオーダーしたのが「スタジアムコース」と呼ばれる造形で、そのためにダイはハザード造成で生まれた土砂をホール脇に盛るなど、ギャラリーが観戦しやすい空間を創造した。
2004年全米プロで開催コースウィスリングストレイツの設計者として記者会見に臨むピート・ダイ(写真・Getty Images)
2004年全米プロで開催コースウィスリングストレイツの設計者として記者会見に臨むピート・ダイ(写真・Getty Images) 【拡大】
また、コース自体は、攻略ルートは落としどころを絞った、ターゲットで捉えないと実らず、かつトッププロにもチャレンジャブルなホールを多く用意した。しかし、これが当初選手には「難しすぎる」と散々の悪評だった。

「それを彼が時間をかけて手を加えた結果、いまや文句をいう選手は一人もいなくなりました」と川田氏。彼のコンセプトはその後次々と造られたTPCブランドの多くのコースに継承されている。

ダイのもうひとつの功績は、最近のゴルフ界で強く求められているサステナビリティ(持続可能性)だ。

もともとダイはロバート・トレント・ジョーンズSr. 設計コースのような芝地が美しく広がるゴルフ場を造っていた。ところが、80年代に入るとアメリカは景気低迷。水資源の節約も叫ばれるようになった。

そこでダイが採用したのが、イギリスのロイヤル・セントジョージズで目にした小さなティやウェイストエリアを導入し、法面(造成でできた斜面)には当時大量に廃棄されていた鉄道の枕木を再利用するなど、水やりや管理の手間を省けるコースづくりだった。

「こう考えるとこの時代だからこそ高く評価される設計家で、実際いま活躍する多くの設計家に影響を与えています」と川田氏は話を結んだ。

(ゴルフライター・小関洋一)
※週刊パーゴルフ2020年2月4日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2020年2月4日号(1月20日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●テーラー、キャロウェイなど、新年のハワイから各メーカーの新モデルがツアーに続々投入
●3人に絞られたかに見えた女子五輪代表争い 河本結、稲見萌寧にもワンチャンスあり!?
●いまだに河川敷コースを苦しめる台風の影響 復旧のめどが立たないコースを直撃してみると…
●東北のゴルフ場は例年の3割増し以上!暖冬の影響でゴルフ場はやはりウハウハだった
●浮島グリーンが代名詞のピート・ダイが永眠 偉大な設計家の業績を川田太三が振り返る

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ