2019年結果を出したクラブはこれ!ツアーギア・アワード2019

パットはPINGが独占! 女子ツアー賞金ランクTOP2は平均パット数(パーオンホール)でも1・2フィニッシュ!

吉田 智
大蔵ゴルフスタジオ(東京都)のクラフトマンでトッププロからビギナーまで多くのゴルファーのフィッティングを行う。日々ギアを研究している。
吉田 智 大蔵ゴルフスタジオ(東京都)のクラフトマンでトッププロからビギナーまで多くのゴルファーのフィッティングを行う。日々ギアを研究している。 【拡大】
渋野日向子の全英女子オープンの制覇をはじめ石川遼の復活優勝、今平周吾の2年連続の賞金王獲得など様々な出来事があった2019年の国内ゴルフツアー。そこで2019年のスタッツから見た活躍したギアに注目。
今回はパター部門にクローズアップしてみました!

解説 吉田智

平均パット数(パーオンホール)&賞金ランク1位 鈴木愛

鈴木愛
鈴木愛 【拡大】
ニトリレディスゴルフトーナメントから導入して優勝に結びついた、レディースシリーズG Le2のパター「ECHO(エコー)」。
G Le2 ECHO
G Le2 ECHO 【拡大】
G Le2 ECHO
しっかりと打音がするのに、ソフトな打感を生み出す二重構造のインサートにより、距離感が安定。独自のTR溝により、ミスした際にも転がるから3パットを撲滅。
また、長さ調整付きシャフトも選択可能。31~35インチをお好みの長さに調整でき、安定したストロークを実現できます。パターが苦手な女性にも、強い味方。

平均パット数(パーオンホール)&賞金ランク2位 渋野日向子

渋野日向子
渋野日向子 【拡大】
AIG全英女子オープンゴルフでは、難しい距離感のパットを次々とカップインさせた優勝パター。
SIGMA 2 ANSER (プラチナム仕上げ)
SIGMA 2 ANSER (プラチナム仕上げ) 【拡大】
PING SIGMA2 ANSER (プラチナム仕上げ)
フェースはやわらかなPEBAX素材と固めのPEBAXの二重構造。やわらかい打感ながらも、音が出て距離感が合う。

今年のツアーを象徴するような結果、まさに『パット・イズ・マネー!』

シーズン途中で鈴木愛が変更したパターに話題が集まったことは記憶に新しいが、長いシーズンを戦う中はその時々で感覚にあったものを使用する必要性がある。
『レディースタイプのパターですが、マレットタイプで鈴木選手にボールを押し込めるタイプだったんでだと思いますヘッド重量がアップしたことで、転がりが良くなったんだと思います一方の渋野選手はしっかりヒットするタイプ。そういう点からも軽めのヘッドの方がフィーリングが出やすいのだろうと思います』と吉田。

商品詳細:こちら

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ