ミート率に注目すれば、飛距離は確実にアップする!

自分の「ミート率」、知っていますか?

小柄な女子プロゴルファーでも男性アマチュア並みに大きく飛ばせるのは、クラブの力を最大限に利用しているから。写真はイ ボミ 写真・上山敬太
小柄な女子プロゴルファーでも男性アマチュア並みに大きく飛ばせるのは、クラブの力を最大限に利用しているから。写真はイ ボミ 写真・上山敬太
ゴルファーなら「あなたの平均ヘッドスピードはいくつですか?」という質問をされても、おそらくほとんどの人が即答できますが、もし「あなたのミート率はどのくらいですか?」と聞かれたら、その数値を正確に把握している人はほぼ皆無でしょう。

たしかにヘッドスピードは飛びに欠かせない数値ですが、飛びの三要素のひとつであるボール初速は、ヘッドスピードとミート率が関係しているため、クラブのミート率にも注目する必要があります。あなたがドライバーで飛距離アップを目指しているのであれば、現在手にしているクラブがどの程度のミート率なのかを知っておく必要があるでしょう。

その点、女子プロはドライバーを選ぶ際、ミート率の数値をかなり重視しています。2019年「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」の優勝プロをはじめ、多くのツアープロを指導している奥嶋誠昭コーチは、次のように語っています。

「女子プロのドライバーショットのミート率は、平均すると1.47~1.49です。ミスが少なく安定したスイングということもありますが、この数値を下回ることはまずありません」(奥嶋コーチ)

たとえば、ヘッドスピードが40メートル/秒の人がミート率1.50で打ち出すことができれば、ボール初速は60メートル/秒になります。一方、ミート率が1.40だと、ボール初速は56メートル/秒になってしまいます。つまり、ヘッドスピードが速くても、ミート率が悪いとボール初速は上がらず、当然ながら、飛距離アップは期待できません。

アマチュアの「ミート率」を検証する

今回のデータ計測・検証に協力していただいた奥嶋誠昭コーチ。JGTOツアープロで得た経験を生かし、現在は多くの女子プロを指導にあたっている。その傍ら、ヒルトップ横浜クラブ(横浜市)内にある「ノビテックゴルフスタジオ」で、最先端機器「GEARS」を駆使したスイング分析を行っている
今回のデータ計測・検証に協力していただいた奥嶋誠昭コーチ。JGTOツアープロで得た経験を生かし、現在は多くの女子プロを指導にあたっている。その傍ら、ヒルトップ横浜クラブ(横浜市)内にある「ノビテックゴルフスタジオ」で、最先端機器「GEARS」を駆使したスイング分析を行っている 【拡大】
では、実際アマチュアゴルファーはどの程度のミート率で飛ばしているのでしょうか。今回はアマチュアゴルファー2名にテスターとして参加してもらい、現在のマイクラブの弾道データを検証しました。

テスター1人目 一本木さん

まずはゴルフ歴7年で現在52歳の一本木三郎さん。一本木さんは、力が入るとどうしても左に引っかけるミスが出るため、ミスを抑えて安定して飛ばせるドライバーを選んでいるとのこと。できるだけ楽に飛ばせるクラブを探しているということですが、そんな一本木さんのマイクラブでのデータは、以下の通りです。

[平均ミート率1.45 平均飛距離230.23ヤード(キャリー)]
一本木さんのマイクラブでのデータ。平均ミート率1.45は立派なもの
一本木さんのマイクラブでのデータ。平均ミート率1.45は立派なもの 【拡大】
一般的なアマチュアゴルファーはミート率が1.42~1.45あれば、まずまずの数値だそうです。

「ミート率が平均1.45ならそれなりにちゃんと当たっているのでないでしょうか。そりゃ、フェースセンターに当たれば気持ち良く飛びますが、アマチュアだとなかなか難しいですよね」(一本木さん)
一本木さんのマイクラブでのインパクトポジション。フェース上部にまとまっている
一本木さんのマイクラブでのインパクトポジション。フェース上部にまとまっている 【拡大】
一本木さんのマイクラブでの平均ミート率は1.45という結果に。数値上はそれほど問題ないものの、打痕を確認すると、3球ともにフェースセンターからやや上部寄りに当たっていることが分かりました。

テスター2人目 川口さん

二人目のテスターは、ゴルフ歴10年で現在40歳の川口龍馬さん。川口さんのマイクラブの結果は、以下の通りでした。

[平均ミート率1.47 平均飛距離258ヤード(キャリー)]
川口さんのマイクラブでの打球データ。平均ヘッドスピード47は、めったにいないクラスの飛ばし屋だ
川口さんのマイクラブでの打球データ。平均ヘッドスピード47は、めったにいないクラスの飛ばし屋だ 【拡大】
上記の結果を受けて奥嶋コーチは,

「ミート率を見れば、二人ともかなりいい結果です。でも、フェースのセンターにいつも当たっているわけではないのが惜しい。センターに当たる確率が増やせれば、同じヘッドスピードでももっと飛ばせますよ」

とコメント。

打痕がフェースセンターに近いほどミート率が高く(1.50に近く)なるとのこと。では、どうすればフェースセンターでボールをとらえることができるようになるのでしょうか。
一本木さんのマイクラブでのインパクトポジション。フェース上部にまとまっている
一本木さんのマイクラブでのインパクトポジション。フェース上部にまとまっている 【拡大】
フライトスコープを使用し、ドライバーで5球打った弾道データを計測。そのうち飛距離が最大と最小となるデータを除く3つの数値を抽出し、平均値を算出しました。ボールはHONMA TW-Xを使用
フライトスコープを使用し、ドライバーで5球打った弾道データを計測。そのうち飛距離が最大と最小となるデータを除く3つの数値を抽出し、平均値を算出しました。ボールはHONMA TW-Xを使用 【拡大】

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ