GOLF Net TV連動「深堀圭一郎 KeyTALK」 第3回 額賀辰徳②

「プロの壁を感じた1年目…その後メンタルトレーニングなどで良くない部分を改善」

深堀圭一郎が、ゴルファー仲間をゲストに招き、
ツアーでの出来事から普段聞けないような話までぶっちゃけトークを展開する「深堀圭一郎 KeyTALK」。
プロゴルファーの素顔に迫るこの番組は、GOLF Net TVで配信しています!
第3回のゲスト・額賀辰徳の2回目のトーク。どんな話題で盛り上がるでしょうか?

プロ入り当時は、「鳴り物入りのアマチュア」だったんですよ (額賀)

深堀 額賀はレギュラーツアーのデビュー戦はどの試合だったの?

額賀 プロテストに受かる前に「つるやオープン」に出場しました。プロ宣言をした1年目ですね。

深堀 賞金を稼げるポジションで、出場した試合は「つるやオープン」が最初ってことだね。

額賀 そうですね。当時は、一応「鳴り物入りのアマチュア」だったんです(笑)。それで推薦も1年目で頂いていました。

深堀 業界は期待していたんですよ!(笑)。大物だしね。

額賀 プロの世界、本当のトップはひと握りだけで、その下にいる選手は多いじゃないですか。実際に「この人達は結構上手いのに上に行けないんだ、こんなに良いボールを打つのに…」と感じて、凄く周りが気になった1年目でした。

深堀 プロの環境に馴染むのに、少し時間がかかった?

額賀 悪い意味で「プロの壁」を感じてしまったと思います。

深堀 コースセッティングの厳しさなど、アマチュアと違う部分が多いから最初戸惑ったのかもね。

額賀 確かに、めちゃくちゃ難しかったですね。。。


下部ツアーでも勝つのは難しいよね (深堀)

深堀 初シードを獲ったのは2009年だよね?

額賀 2008年に裏シード(チャレンジトーナメント(現AbemaTVツアー)の年間賞金ランキング上位者に与えられるレギュラーツアーの出場権)で参戦して、初めてのシードが25歳の時だったと思います。ですから、3年くらいかかりました。

深堀 ところが、翌年は再びシードが取れなかったんだよね。レギュラーツアーである意味打ちのめされて、予選会に行きながら、チャレンジにも出場するわけでしょ? そう簡単には復帰できないと思うんだけど、すぐにチャレンジで2勝してレギュラーツアーに戻れているのは凄い。チャレンジでは何回勝っているの?

額賀 4勝です。

深堀 チャレンジを勝ち抜ける力をつけて、レギュラーツアーへフル参戦という形だね。僕もチャレンジ出ていたけど、下部ツアーといっても勝つのは難しい。

額賀 (深堀さんがチャレンジツアーに)出場していたことあるんですか?

深堀 出ていましたよ(笑)。初優勝は馬頭後楽園(栃木県)。

額賀 信じられないかも…(笑)。


「1人でゴルフに向き合える時間」が好きです (額賀)

深堀 額賀と一緒に初めてラウンドした時は「凄く飛ぶし上手い選手だな」と感じたんだよね。特にクラブや体の右サイドの使い方が抜群。ボールコントロールも良くていい球打つのに「なんで成績が出ないのかな」と思っていた。

額賀 ありがとうございます。僕は、毎年自分の良くない部分を改善していく必要があると思うんです。そのために、メンタルトレーニングも受けましたし、スイングのコーチに会いにアメリカにも行きました。

深堀 前回、学生時代は「予選落ちはしない」みたいな気持ちがあったと聞いたけど、そういう感覚はなくなっていたんだね。僕が苦労しながらも、何とか上り詰められたのは「周りの環境に引っ張り上げてもらった」という面がある。額賀は当時、誰かと一緒に練習ラウンドをしたりした?

額賀 決まった人と練習ラウンドをした記憶は、あまりないですね。結構一人で回るのが好きなんです。キャディと2人でコースの話をしたり、コーチがいればプレーの話をしたり…。刺激し合いながら仲間とラウンドするのも凄く大事ですけど、自分は「1人でゴルフに向き合える時間」が好きですね。

深堀 最初なかなかスコアに結びつかなかった原因は何だと思う?

額賀 賞金がかかるプロの立場になると、プレッシャーが全然違いました。とにかく「周りの期待に応えなければ」と思いましたし…。アマチュア時代は、そういうのがなかったんです。プロの試合に出場できて楽しい…という気持ちでプレーすれば良かった。ところが、プロになってからは「応援してくれる人やメーカーさんの期待に応えたい」という、別な所でプレッシャーを感じてしまったんです。

深堀 自分のゴルフをやりきる前に「周囲を気にしてしまった」わけだね。次回も引き続き、額賀プロにレギュラーツアー初優勝時のことなどを聞いていきます!



~ 次回に続く ~

■プロフィール
・深堀圭一郎/ふかぼり・けいいちろう
1968年10月9日生まれ、東京都出身。1992年にプロへ転向。ツアー通算8勝。ラテール・エンタプライズ所属。

・額賀辰徳/ぬかが・たつのり
1984年3月28日生まれ、茨城県出身。アマチュア時代に数多くのタイトルを獲得し、2006年にプロへ転向。ツアー屈指の飛ばし屋で、2018年に『三井住友VISA太平洋マスターズ』でツアー初優勝を挙げている。

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ