かつてないサバイバルとなった女子プロテスト 不合格、かつアマ資格もない選手はどこへ?

安田祐香ら“プラチナ世代”の代表格が順当に合格した一方で…(写真・Getty Images)
安田祐香ら“プラチナ世代”の代表格が順当に合格した一方で…(写真・Getty Images) 【拡大】
11月5~8日に行われた「LPGA(日本女子プロゴルフ協会) 最終プロテスト」。今年から受験可能年齢が18歳以上から17歳以上に引き下げられた影響で、今春高校を卒業した世代と高校3年生の世代がともに初受験。さらに今年からツアー出場優先順位を決めるQTに出場するためには正会員の資格が基本的に必須となったため、これまで受験していなかった面々もこぞって受験。二つの制度変更で、過去に類を見ないサバイバルとなった。

見事合格して正会員の資格を得たのは21人。一方で不合格者はどうなるのか。次のプロテストは1年後。彼女たちはここからどう過ごすのか。

1つ目は不合格となったものの、来季の出場権をかけたQTに出場できるケース。プロテスト合格ラインから2打差以内に入った選手、今季ステップ・アップ・ツアーで優勝している選手、そして再来週の大王製紙エリエールレディス競技終了時点でLPGA賞金ランキング56~70位に入っているTP単年登録選手が該当。QTで出場権を獲得することができれば、来季もレギュラーツアー、ステップ・アップ・ツアーで戦うことができる。また、今季のステップ・アップ・ツアー賞金女王ヌック・スカパンは合格することができなかったが、ステップ女王の資格で来季前半戦の出場権を有しており、QTに行く必要はない。

次にアマチュア資格を維持する選手。プロテストに合格した場合にアマ資格を放棄する予定だった選手は、まだ資格を保持しているため、来年もアマチュアの試合、またアマチュアとして主催者推薦でツアーに出場可能だ。

問題は、過去に単年登録者となるなど、すでにアマチュア資格を放棄している選手たちだ。このような選手たちは今季たとえ主催者推薦があっても、来季はレギュラーツアー、ステップ・アップ・ツアーに出場することができない。今季の単年登録者であれば、今シーズンの残り2試合で優勝、賞金シード、前半戦の出場権、もしくは先述のQT出場権を得られれば問題はない。だが、それは相当高いハードルだ。

そうなると、今後も“日本の”プロゴルファーを目指すために、試合に出場するためには海外ツアーに参戦するか、LPGAツアー外の競技で力をつけるのか。その海外も、米ツアーのQシリーズ、韓国のインターナショナルQTはすでに終了、台湾ツアーQTは最終プロテストと同週開催。来年頭に行われる中国ツアーなど残ってはいるが、金銭面などクリアしなければいけない問題も多い。いずれにしても来年のプロテストに合格しなければ、今後制度変更がなければ日本のツアーに出場することはできないのだ。

門出を祝う場所で、合格者よりも不合格者の今後が気になってしまうプロテストだったことが非常に残念でならない。

(本誌・秋田義和)
※週刊パーゴルフ2019年12月3日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2019年12月3日号(11月19日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●笠りつ子の暴言事件でようやく、ようやくの処分決定 拝啓 小林会長、危機管理の専門家からのアドバイスです
●“モチベーションの低下”で大江香織がツアー引退 最近増えてきた女子プロの引退とその後の活動事情
●鈴木愛は米女子ツアーメンバーになることを選ぶのか!? “70%”と“20%”の間で揺れる女心
●シニアルーキーが苦労するのはグリーンの“重さ”だった!? 深堀圭一郎が“ゲキ重”パターなどで試行錯誤中
●かつてないサバイバルとなった女子プロテスト 不合格、かつアマ資格もない選手はどこへ?

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ