米ツアーの一流プロたちが本音で答えたアンケートの過激かつ笑える中身

9月のセーフウェイオープンでアンケートを実施(写真・Getty Images)
9月のセーフウェイオープンでアンケートを実施(写真・Getty Images) 【拡大】
米ネットメディアのゴルフドットコムが今年も恒例の米PGAツアー選手へのアンケートを実施。その全容を公開した。過激な内容もあることで知られる同アンケートは、9月のセーフウェイオープン(カリフォルニア州)で行われた。

46項目の質問に答えたプロの名前は伏せられているが、その中にはメジャー勝者が3人、ツアー勝者は30人というから、正真正銘のトッププロたち。答えの中には驚きの事実があったから一部を紹介しよう。

まずはCBDオイル。大麻草(マリファナ)から抽出されるが合法成分(※州によって規制が異なる)で、精神の安定に効果があるとされている。ガムやオイルで粘膜から摂取することが一般的で、「CBDを常用しているシード選手は何%いると思うか?」という問いの答えの平均はなんと「29%」。つまり、彼らの推測が正しければ、3割近い選手が何らかの形でCBDを摂取しているということになる。

「チャンピオンズツアー(シニア)では30~40%」という意見もあったから、かなり浸透しているようだ。ちなみにZOZOチャンピオンシップでタイガー・ウッズがガムを噛んでいたのを目撃したファンも多いだろうが、それがCBDであったとしても、もちろんドーピングには抵触しない。

さらに「マリファナは薬物規制から外すべきか?」という問いには57%がイエスと肯定し、さらに20%が「昨年マリファナなどを使用した」と答えているから、大麻への考え方は日本とは異なるよう。

さて、最も驚いたのは「コースでセックスをしたことがあるか?」に、なんと41%がイエス。え? いったいどこでどうやって? と、もっと深く知りたくなるが、「やってみたい」とか、「“たぶん”一回だと思う」と、笑える答えもあった。

「ツアープロの仲間で同性愛者はいる?」の問いに「一人知っている」という答えた選手も。

ゴルフについての質問もたくさんあり、「タイガーがまたメジャーに勝てるか」はイエスが73%、一方でミケルソンがこれからメジャーに勝てると思うのは18%だけだった。やはりタイガーへのリスペクトは大きいが「もしあなたが明日、タイガーと36ホールのマッチプレーを戦ったら?」の質問には「自分が勝つ」と答えたのが90%だから、さすがPGAツアープレーヤー、みな自信があるのだ。

プロの本音を垣間見るのは興味深いもの、次回も大いに楽しみに待ちたい。

(在米ゴルフジャーナリスト・武川玲子)
※週間パーゴルフ2019年11月26日号「芝目八目」より

週間パーゴルフ2019年11月26日号(11月12日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●64年の歴史に幕を下ろす新東京都民ゴルフ場 河川敷の元祖が再起を断念した事情とは?
●米女子ツアー最終予選を勝ち抜いた河本結と山口すず夏 来季はどの程度の試合数に出られるの?
●米ツアーの一流プロたちが本音で答えたアンケートの過激かつ笑える中身
●4年ぶりVのハン・ジュンゴンが来年兵役へ 韓国人プロは除隊後やはり苦しんでいる?

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ