米PGAツアーが自ら“ギャンブル”の胴元に 狙いはお金だけじゃなく、ファンをさらに煽るため!?

米PGAツアーコミッショナーのジェイ・モナハン氏(写真・Getty Images)
米PGAツアーコミッショナーのジェイ・モナハン氏(写真・Getty Images) 【拡大】
「来年には新しい“スポーツくじ”がわれわれのツアーに登場。大会はもっともっと面白いものになる」

そう自信満々で話したのは米PGAツアーコミッショナーのジェイ・モナハン氏。初の日本開催となったZOZOチャンピオンシップ期間中に海外記者に漏らしたものだ。これを受けて「ついにPGAツアーもギャンブル解禁」と、欧米ではビッグニュースとして取り上げられている。

詳細は明らかにされていないが、米PGAツアーは「IMGアリーナ」(英国が拠点)と組んでシステムを構築してきたと明かし、「単に優勝者当てだけでなく出場者全体で多岐にわたるもの」という。会場での販売か、ネットでも購入できるのかはまだ不明。IMGアリーナでは、すでにテニスやサッカー、バスケットなど多種多様なスポーツでのギャンブルが行われ、多くのファンを獲得している。

実際のところは、これまでもゴルフはギャンブルの対象となってきたが、それは英国のブックメーカーや、米国ではカジノが合法なラスベガス(ネバダ州)が中心で、米国内のカジノが非合法な州では禁止となっていた。しかし、昨今はネットの普及もあり、どこからでも賭けに参加できるのが現状。その結果、昨年5月に米最高裁判所がその他の州(一部を除く)でも合法とする判決を下した。これを機にモナハン氏は「大きなビジネスチャンスだ。ツアーが新たなファンを獲得できるし、資金ができれば選手たちにも還元できる」と積極的な姿勢をみせていた。

言葉は少々悪いが、要するに今回の件はPGAツアーが“胴元”となってギャンブルを展開することになるのだが、確かに金銭が懸かると観戦しているファンがさらにエキサイトするのは間違いない。気になるのはその金額。

「(米国では)例えば宝くじの1等が数十億~100億円みたなこともあるから、果たしてどうなるか?」と、米国メディアは興味津々。サッカーくじもあり、カジノ法案が検討されている日本開催のZOZOチャンピオンシップも当然その対象。来年以降はさらなる盛り上がりが待っているのかもしれない。

(在米ゴルフジャーナリスト・武川玲子)
※週間パーゴルフ2019年11月19日号「芝目八目」より

週間パーゴルフ2019年11月19日号(11月5日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●大雨に見舞われたZOZOチャンピオンシップ コース修復、執念の舞台裏ドキュメント
●マスターズGCレディースでの暴言事件 その顛末と背景にあるものとは?
●伊澤利光がシニアツアーで初勝利!勝因は長男の手前、無理攻めを控えたから!?
●米PGAツアーが自ら“ギャンブル”の胴元に 狙いはお金だけじゃなく、ファンをさらに煽るため!?
●AbemaTVツアー賞金王は39歳の白佳和に 来季出場権を獲得した選手の顔ぶれは?

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ