女子プロテスト2次が終了 有力選手の和久井麻由が落選したが最終プロテストに進んだ注目選手は?

(左上から)笹生優花、古江彩佳、和久井麻由 (左下から)上野菜々子、山下美夢有、西村優菜(写真・Getty Images)
(左上から)笹生優花、古江彩佳、和久井麻由 (左下から)上野菜々子、山下美夢有、西村優菜(写真・Getty Images) 【拡大】
LPGAのプロテスト第2次予選が終了した。A地区は9月24~27日、B地区とC地区は10月8~11日に行われた。

A地区を1位タイ通過したのは笹生優花。日本とフィリピンのハーフで、ドライバーの飛距離は280ヤードのパワーヒッターだ。日本ツアーにも出場経験があり、今年のオーガスタナショナル女子アマにも出場。国内参戦となれば台風の目となるに違いない。また、同地区でもう一人の1位タイはナショナルチーム出身のトップアマ、古江彩佳だ。今季レギュラーツアーに10試合出場して、トップ10入りが3回。最終プロテストでも力を発揮してくることだろう。

B地区では波乱があった。日本女子アマ2位タイ、今年のニトリレディスで10位タイに入った和久井麻由が2次で落選。そんな中、今年の全米女子オープンに出場した上野菜々子が2位で通過した。彼女も2018年の日本女子アマ2位、大王製紙エリエールレディスで7位タイに入るなど、すでに実力は証明済みで、注目しておくべき選手だろう。

そして、C地区では今年の関西女子アマで優勝した高校3年の山下美夢有がトップ通過を果たした。ナショナルチーム出身の西村優菜も3位タイで難なく通過。さらに今年の大東建託・いい部屋ネットレディスで初日2位発進し、2024年から新紙幣の1万円札の肖像となる渋沢栄一の血縁者として話題になった澁澤莉絵留が5位で最終予選に駒を進めた。ほかにも2018年の平昌五輪に出場したプロスノーボーダー・鬼塚雅の妹、鬼塚貴理が6位タイで突破している。

受験生度の改定により、今春、高校を卒業したプラチナ世代や浪人組に加え、在学中の世代も加わって今までにない激戦が予想される今年の最終プロテスト。11月5~8日、岡山・JFE瀬戸内海GCでは、最終から受験する資格を持つ安田祐香、吉田優利らも参戦してくる。実力のある選手揃いの中で誰がプロ資格を手にするのか、そして、そんな彼女たちの人となりにもスポットライトが当たりそうだ。

(本誌・金 明昱)
※週間パーゴルフ2019年11月5日号「芝目八目」より

週間パーゴルフ2019年11月5日号(10月22日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●女子プロテスト2次が終了 有力選手の和久井麻由が落選したが最終プロテストに進んだ注目選手は?
●新天皇即位の礼で都内は厳戒態勢の今週 ZOZOで来日のタイガーもあおりを受けた?
●河本結が米ツアー挑戦を宣言 渋野日向子の控えめな海外志向に変化はあった?
●片山、小平に次ぐ3人目の下部ツアーアマチュア優勝 金谷拓実の後輩、杉原大河ってどんな選手?
●リッキー・ファウラーがついに結婚!ゴルフ界きってのモテ男を射止めたのは棒高跳び美女

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ