GOLF Net TV連動「深堀圭一郎 KeyTALK」 第1回 星野陸也③

「振り子の最下点を当てる」、 「スイングリズムを一定にする」、この2つを意識する

深堀圭一郎が、ゴルファー仲間をゲストに招き、
ツアーでの出来事から普段聞けないような話までぶっちゃけトークを展開する「深堀圭一郎 KeyTALK」。
プロゴルファーの素顔に迫るこの番組は、GOLF Net TVで配信しています!
星野陸也をゲストに迎えた3回目は、どんなトークが繰り広げられるでしょうか?

石川遼さんにアドバイスをいただいて、飛距離が伸びました(星野)

深堀 僕は陸也を初めて見た時に、「すげー飛ぶな!」と思ったんだけど、飛距離は元々出ていた? それとも飛ばすために何かやった?

星野 ジュニア時代から飛ぶ方でしたけど、スイングをめちゃくちゃ変えたんです。元々は球が低くてドライバーでダウンブロー、入射角がマイナス3度くらいだったんです。それで、もう少し球を高くしたくて入射角をプラス3度まで変えました。当時、石川遼さんにラウンドに連れて行ってもらう機会なども多くてアドバイスを頂いたんですが、一度6度アッパーにして「前のスイングに戻しゼロにするのがちょうどいいかも…」と思ったんですね。これを実践したら出球が高くなり飛距離が伸びました。

深堀 なるほどね。自分のスイングでは、どこら辺が好き?

星野 「切り返しで右ひじが下りてくる時に、右脇の近くを通るのがいいな」と思っています。

深堀 スイングの動きで、意識している部分はどの辺なの?

星野 振り子のようなイメージで、スイングしています。シャフトが、真っすぐになった時に、ヘッドにボールを当てる感じですね。できるだけ「振り子の最下点を当てるイメージ」と「スイングリズムを一定にする」というのを意識しています。フィル・ミケルソンのスイングリズムが凄く好きなんです。

「練習のための練習」と「試合のための練習」は違うよね(深堀)

深堀 アプローチの練習はどういう感じでやってる?

星野 練習ラウンドでグリーン周りで行います。自分のなかで「この打ち方でこう打つと上手くいく」というのがあるんです。

深堀 練習は練習だから簡単にできるじゃない。でも「試合ではこうやれるかも」みたいに想像して打っていく形をプラスすると、何か違うものが見えてくるかもね。練習の練習と試合の練習は違うから。陸也の今季のスタッツ(平均ストローク、平均パット、パーキープ率、パーオン率、バーディ率、イーグル率、ドライビングディスタンス、FWキープ率、サンドセーブ率など)を見ると、本当に安定しているよね。ただ、このなかでFWキープ率とサンドセーブ率が少し低い感じがする。

星野 FWキープ率が足を引っ張っていると思います。

深堀 それはボールが曲がっちゃってる感じなの?

星野 ツアーのラフにも慣れてきて、正直「ラフでもいいか」みたいな気持ちに少しなっていました。サンドセーブ率も自分は「あまりバンカーに入らない」ので、久々にバンカーショットが来ると緊張しちゃうんです(笑)。

ドライバーもスピン量も少し多めが操作しやすいんです(星野)

深堀 陸也も今後は海外メジャーなどに挑戦すると思うけど、バンカーの技術を高めることが、自分のプレーの幅を広げるかもね。ちなみにギアへのこだわりはある?

星野 新しいクラブを試す時に「低いドローが打てないクラブ」は絶対に選びません。トウ側で低いドローが打てる…そして開いてヒールに当たり右へプッシュした時にも戻ってくる球が出る。そいうクラブでないと選ばないですね。

深堀 それが可能なクラブは、どんな特性なの?

星野 自分はバックスピン量がある程度ないとダメなんです。ドライバーの場合は「2500~2600回転が一番操作しやすい」ですね。

深堀 単純に飛ばしたいだけなら、2200~2300回転あたりが理想だよね。でも、海外選手もある程度スピン量が出るようにしている。

星野 以前『シンガポールオープン』で、アダム・スコットのトラックマンの数値を見たら、2600回転でした。

深堀 ドライバーで操作ができて思い通りの球が打てる感覚がありつつ、飛距離も出せるのは本当に武器だと思う。
次回も引き続き、陸也に「賞金王」や「海外ツアー参戦」など、今後の目標について話を聞いていきます!

~ 次回に続く ~

■プロフィール
・深堀圭一郎/ふかぼり・けいいちろう
1968年10月9日生まれ、東京都出身。1992年にプロへ転向。ツアー通算8勝。フォーラムエンジニアリング所属。

・星野陸也/ほしの・りくや
1996年5月12日生まれ、茨城県出身。2016年にプロへ転向すると、2018年に『フジサンケイクラシック』で日本ツアー初優勝。今年『ダンロップ・スリクソン福島オープン』でツアー2勝目を挙げた、飛距離が魅力の注目の若手プレーヤー。

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ