米PGAツアーの米国内放映権は年430億円 すごい金額だが、他のスポーツに比べて高い? 安い?

年間王者への16億円のボーナスも、巨額の放映権収入を考えれば痛くも痒くもない?(写真・Getty Images)
年間王者への16億円のボーナスも、巨額の放映権収入を考えれば痛くも痒くもない?(写真・Getty Images) 【拡大】
ウォールストリートジャーナル電子版が「米PGAツアーは放映権を求めるメディアと次期(2022年以降)契約を結ぶ見通し」という見出しで、同ツアーが早々に高額の放映権契約を結ぶ可能性があると伝えた。欧米のメジャースポーツの放映権料はこのところ高騰が続いているが、米ツアーの国内での放映権収入は現在、年間430億円ほどだという。これは他のスポーツに比べて高いのか? 安いのか?

まず、欧米のプロスポーツリーグで最も巨額の放映権料を得ているのは、サッカーのプレミアリーグ(イングランド1部リーグ)といわれている。同リーグは昨年、19年~21年の3年間の放映権契約を、英国国内についてはSKYとBTの2放送局と合計45億ポンド(約6000億円)で更新。英国国外でも海外の放送局やネット配信会社などと、同じく3年間で合計5000億円余の放映権契約を結んだ。

さらに、同リーグは今年からアマゾンとストリーミング中継の契約を締結している。GAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)に代表される巨大ネット企業は今、あらゆるネットサービスを提供するプラットフォーマーとして、多数の顧客を呼び込むコンテンツ獲得に乗り出している。プレミアリーグとアマゾンの契約内容は非公表だが、これを含めると放映権収入の合計は、年間で4000億円を超えるとみられる。

日本のJリーグがDAZN(ダゾーン)と結んだ10年間2100億円の契約は、日本国内では驚きをもって伝えられたが、プレミアリーグはケタが違うのだ。

一方、アメリカの3大スポーツは、各リーグ本体はフットボールのNFLが年約4000億円、バスケットのNBAは年約2900億円、野球のMLBは年約1700億円の放映権収入を得ている。ただし、所属の各チームは別途、各地元局に放映権を販売している。

さて、肝心のプロゴルフ界だが、記憶に新しいところでは、全米ゴルフ協会が全米オープンなどの主催競技の放映権をFOXスポーツに15年からの12年間契約で売却。年100億円程度の収入を得ている。

また、昨年は米PGAツアーがアメリカ国外の放映権をディスカバリー(GOLF TV)に12年間約2200億円で販売。日本でも大いに話題となった。

こうした流れから、冒頭のウォールストリートジャーナルはPGAツアーがゴルフチャンネルやNBC、CBSなどと21年まで年430億円で結んでいる契約は、間もなくより大きな額で新たに結ばれるだろうと予測している。背景には、前述GAFAなどプラットフォーマーの参入があるのだが、あわせて米PGAツアー自らがチャンネルを立ち上げる可能性にも触れられている。

果たして米PGAツアーが手にする額は? どこまでアメリカ3大プロスポーツに迫るのだろうか?

(ゴルフライター・小関洋一)
※週間パーゴルフ2019年9月24日号「芝目八目」より

週間パーゴルフ2019年9月24日号(9月10日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●日本女子プロの前売り券4万8000枚が完売!でも“シブコ効果”ではなかった!? 当日券は出るの!?
●本誌取材に「後半戦はめちゃくちゃ頑張る!」 チェ・ホソンに不調の原因を聞いたら直後に大爆発!!
●東京五輪でゴルフ場利用税免除の方向 えっ、選手の非課税って当たり前じゃなかったの?
●米PGAツアーの米国内放映権は年430億円 すごい金額だが、他のスポーツに比べて高い? 安い?
●ゴルフクラブのコーティングが予想を超える反響!施工件数が3万件を突破した人気の秘密とは?
●東洋人初のメジャー制覇に手をかけた陳志忠が還暦を過ぎてプロテストに挑戦の「なぜ?」

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ