梅雨明け即猛暑……炎天下で毎日ラウンドする女子プロたちの暑さ対策は?

渋野日向子が使うのは携帯型の扇風機。ヘッドホンのような形状で首に掛けられるので使い勝手がいい
渋野日向子が使うのは携帯型の扇風機。ヘッドホンのような形状で首に掛けられるので使い勝手がいい 【拡大】
夏本番、近年は最高気温が30度くらいでは驚かないくらいになっている。熱中症で病院搬送というニュースが毎日のように報道されてもいる。もちろん、炎天下の中ゴルフをする場合も気をつけなければならない。水分をこまめに取り、できるだけ直射日光から身を守っている人も多いだろう。

そこで、女子プロたちに暑さ対策で何をしているかを聞いてみた。

一般アマチュア同様、水分や塩分、適度な糖分の摂取は当然として、日傘やつばの長いハットでの日焼け防止も含めて、日よけを重視しているプロが多かった。中には、練習日限定だが、通気性のいい布で顔を覆ってプレーする女子プロも増えている。一見暑そうに見えるが、日焼けもしないので快適だという。

日よけに加えて冷却も重要ということで、氷のうを使うプロも多い。永井花奈は「風邪で熱が出た時と同様に氷のうが効果的ですよね。特に脈が測れる首やワキなどを冷やすと、効果テキメンです」と話す。

同じように冷却効果を狙ったトレンドとして、最近よく目にするのはハンディタイプのミニ扇風機。少しでも風が当たるだけで、快適さは全然違うという。

少数派としては、葭葉ルミの「涼しく見える服を着る」というものもある。目から見える部分で気分がかなり変わり、結果的に涼しい感じがするとのことで、暑い時期の試合では、薄いブルーなどのウェアばかりだという。

また、プレー後の話になるが、「足を水につけて冷やす」というのが大里桃子。ゴルフ場の風呂や宿泊先に帰った時にすることで、翌日に疲れが残りにくくなるという。

アマチュアゴルファーも、猛暑のゴルフを乗り切るためにいろいろな暑さ対策を試してみよう。スイング以外にも女子プロたちから学ぶことはありそうだ。

(本誌・和田泰史)
※2019年8月20・27日号「芝目八目」より

週間パーゴルフ2019年8月20・27日号(8月6日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●梅雨明け即猛暑……炎天下で毎日ラウンドする女子プロたちの暑さ対策は?
●古江彩佳のクラブ破損事件でJGAが処分発表もHPでの報告のみで一方的に幕引き!?
●曲がらなさ、ぶっちぎりの座はピンからヤマハへ!? 慣性モーメント5700の衝撃
●メジャーでのキャリアに終止符を打ったワトソン 新帝王との思い出を三田村昌鳳が綴る
●稲見萌寧、ツアー初Vの陰に最新シャフト〈ジャック〉あり!
●金谷拓実の次なる目標は世界アマランク1位と欧州ツアー マシュー・ウルフのようにプロ転向して即ブレイクなるか?
●ドライバーの不適合がリークされ怒り心頭のシャウフェレ ツアー仲間からも“チーター”(ずるいヤツ)とからかわれる
●東京五輪まで1年を切ったがゴルフ会場への輸送問題は解決した?

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ