韓国で起こった日本製品不買運動 日本のゴルフ用品はむしろ売れている?

タイガーの影響力は反日感情も凌駕する!?(写真・Getty Images)
タイガーの影響力は反日感情も凌駕する!?(写真・Getty Images) 【拡大】
いま韓国では、日本製品の“不買運動”に関するニュースが、連日話題になっている。事の発端は日本が韓国に対する半導体材料などの輸出規制を強化したこと。これに対して文在寅(ムン・ジェイン)大統領は7月15日、国際機関での検証の必要性や日本経済への悪影響に言及。日本政府を非難したことで、韓国内での国民感情が徐々に熱を帯び、各地で日本製品の不買運動が起こっている。

韓国スーパーマーケット協同組合連合会は、日本製品の不買運動を全国的に広め、スーパーマーケット約2万店以上で、日本製品約100品目の撤収を始めたという。また、韓国中小商人・自営業者総連合会は「日本の食品だけでなく、ゴルフ用品や自動車の整備品など、品目を拡大させる」とも発言している。

では実際のところ、日本のゴルフ用品への影響は出始めているのだろうか。

ダンロップスポーツの広報担当者に聞いたところ、「韓国市場は当社にとって非常に重要なマーケットの一つとして積極的に展開しており、今までのところ順調に業績を拡大しています。日本製品不買運動について、現状では大きな影響は見られていません。ですが、引き続き注視していく必要があるとは考えています」との回答があった。

また、ブリヂストンスポーツの広報担当者からも「韓国での弊社製品の販売は好調です」と真逆の答えが返ってきた。

「現地から特にネガティブな情報は入っていません。マスターズでのタイガー・ウッズ選手の優勝の好影響で、〈TOUR B XS〉ボールの販売は好調。同ブランドのクラブ販売においても好調を維持しています」

つまり、不買運動とは裏腹に、韓国での日本のゴルフ用品は軒並み、売り上げが好調ということだ。以前から韓国での日本のゴルフ用品は質の高さから、購入する人が多いとはよく聞いていた。

韓国のゴルフ好きのおじさんからすれば、「日本のゴルフ用品だけは不買運動の対象外に」というのが本音かもしれない。

(本誌・金 明昱)
※2019年8月6・13日号「芝目八目」より

週間パーゴルフ2019年8月6・13日号(7月23日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●LPGAと主催者・テレビ局がまだ揉めていた!出口が見えない放映権問題の現在
●なんと6日間の“断食”ダイエットを敢行し、ミケルソンが全英でスッキリしたお腹を披露
●新発売された高反発ドライバー〈スーパーegg〉は「飛ぶって楽しい!」が実感できるエンジョイ派の新兵器
●韓国で起こった日本製品不買運動 日本のゴルフ用品はむしろ売れている?
●センチュリー21レディスを観戦予定の人は必見!交通系電子マネーで鉄道を利用すれば当日券が10%オフに

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ