スマホ時代に対応したというJGAホームページのリニューアル 半年かけたけど見切り発車!?

スマホで表示したJGA公式HPの画面。左がトップページで、右がそこから遷移した記事ページ
スマホで表示したJGA公式HPの画面。左がトップページで、右がそこから遷移した記事ページ 【拡大】
約半年間にわたり“工事中”だった日本ゴルフ協会(JGA)の公式ホームページ。日本女子アマチュア選手権が開催された先週の24日、満を持してリニューアルオープンした。

半年もかけたリニューアルの成果はいかに? 早速JGAのホームページにアクセスしてみた。まずPCでアクセスしてみると、トップページのデザインは以前よりもすっきりとして見やすくなった印象。大会週だけに日本女子アマ関連のコンテンツが画面のファーストビューに置かれていた。リーダーボードやニュース記事が随時更新され、仕事中でも安田祐香らのプラチナ世代や、その下の年代である優勝した西郷真央、和久井麻由らの活躍をうかがい知ることができたのは大変ありがたかった。

ところで、JGAは本誌6月18日号での取材に対して、こう述べていた。

「スマートフォンが当たり前の時代。JGAのホームページもPC用画面だけではいけないということで対応を図っているところです。スマートフォン用画面のトップページを改修して、すぐに見たい情報へアクセスできるようにしています」

ということで、スマホでも閲覧してみたのだが、文字のレイアウト、大きさなどがスマホに最適化されていて非常に見やすい。PC用の画面をそのまま表示したときのように、文字が小さすぎて読めず、いちいち拡大するといった煩わしさとは無縁だ。

ただ、見出しをタップして記事の詳細に飛ぶと、そこに表れたのはリニューアル以前の体裁のまま。スマホの小さな画面ではとても読めない米粒写経のような文字の羅列になってしまう。確かに「スマートフォン用画面のトップページを改修」と、JGAはいっていたわけだが。肝心の記事が読みにくくては意味がない。どうにかならないものか、JGAに記事ページの改修予定を問い合わせると、やはりまだ完成形ではないとの返事。

「日本女子アマという大きな大会を前にしてアマチュアのプロフィールなどが見られないのはあり得ないことなので、リニューアルの意思を見せるためにもこのタイミングで新ページをオープンしました。もちろんまだ最終的な段階ではなく、9月の日本シニアオープンに向けて、記事を含めた中身のコンテンツの見せ方を準備していく予定です」(JGA広報)

ホッ、それは良かった。ただ、【English】という言語切り替えボタンを押しても英語で表示されるのはJGA主催競技の日程のみである点など、ほかにも改善点は山積。東京五輪まであと1年。果たしてJGAは、世界に向けて日本のゴルフを発信していけるのか!?

(本誌・金子信隆)
※2019年7月16日号「芝目八目」より

週間パーゴルフ2019年7月16日号(7月2日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●選手の結果を予想してアマゾン商品券50万円分を狙え!日本プロを対象に国内初の賭けがウェブ上で開催
●上半期のドライバー売り上げランクに異変 外ブラ3社が凌ぎを削りピン〈G410〉がトップに
●神奈川県の「県民ゴルフデー」で程ヶ谷、戸塚、横浜など名門をプレーするチャンス!
●レギュラーツアーより賞金が低いのに経費は下部ツアーのほうがかかるってホント?
●スマホ時代に対応したというJGAホームページのリニューアル 半年かけたけど見切り発車!?

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ