100点ドライバーの“真偽”をショップ店員が試打して断言 「タイトリスト〈TS1〉は誰でも初速が上がる」

タイトリスト〈TS1〉は誰でも初速が上がる本当に100点!?
先々週売りの本誌「クローズアップ」で編集部員による試打レポートを記事に

お店の弾道計測器でもやっぱり距離が伸びた!



弊誌「クローズアップ」にて、以前「タイトリスト〈TS1〉ドライバーを打ったら100点」と編集部員試打の模様をレポートした。その〈TS1〉の評価を、今度は目の肥えた売る側のショップ店員に聞いてみるとどうなるのだろうか。

タイトリストTS1 Driver
タイトリストTS1 Driver
●ロフト角/9.5、10.5°●460cc●45.75インチ●シャフト(硬さ)/Titleist Diamana 50 (R/SR/S)、Titleist AiR Speeder (R/SR)●価格/72,000円+税●問い合わせ/アクシネット ジャパン インク、☎0120-935-325(平日10:00-12:00、13:00-17:00)


編集部員の結果は「100点」としたが、「大げさ過ぎる」との声もちらほら…。そこで、都内の主要量販店を直撃。販売員は7月5日発売で、既に試打クラブの届いている〈TS1〉の性能をどう感じるのか? まずは、ヴィクトリアゴルフ新宿店の上野さんに聞く。
スライス回転などのサイドスピンが減る
「弾きがすごくて初速が出ます。しかも、サイドスピンがかからず、スライサーも真っすぐ飛ばしてくれるので、飛ばしたいゴルファーには待望の1本です。この夏の大本命ですね」(ヴィクトリアゴルフ新宿店・上野さん)


「フェースの弾きにビックリです。飛ばない私ですが、ヘッドスピードもボール初速も2m/s近く違います。軽量で振り抜きやすいし、つかまるし、すごくやさしい。とにかく飛ばしたいゴルファー向けで、この夏のお店イチ押しは決まりですね」(上野さん)


ゴルフ5世田谷店の久保さんもこう言う。

幅広い人がシャフト選択で飛ばせる
「いかにも飛びそうで、実際打つと誰でもボール初速を上げられます。ヘッドの弾きが良く、大きな重心角でつかまりも◎。2種類のシャフトでかなり幅広いゴルファーが飛ばせます。この夏、大注目です」(ゴルフ5世田谷店、久保クラフトマン)


「ヘッドの後方にウェイトがあり重心深度も深い。やさしさは勿論ですが、何より飛ぶしミスに強いです。誰でもボール初速をしっかり出せるので飛びますよ。軽くてもクラブが暴れず、2種類のシャフトで幅広い層をカバーできます」(久保クラフトマン)



2人とも初めて打った第一印象だが、感想がほぼ同じ。編集部員の時と同じで、「飛ぶ」「弾く」「振り抜ける」「曲がらない」「打感がいい」と似た感想になった。では、なぜタイプの違うゴルファー誰もが曲がらず飛ぶのか? 2人から確たる答えがないため、直接タイトリストに聞くことに。

〈TS1〉の設計とは? なぜ飛んで曲がらないのか


「今回はスピードアップのため、ヘッドやグリップなど徹底した軽量化を図ったのに、〈TS1〉は高い慣性モーメントで、相反する要素を実現しています。だから軽量化でクラブ全体のスピードを誰でも上げられる。それでいて安定して曲がらない、打感もいいと三拍子揃っています」(アクシネットジャパンインク池田智満氏)

ヘッドを構成するすべてのパーツを総称するタイトリスト独自の〈スピードシャーシ〉。これを徹底的に軽量化しつつ、相反する要素である慣性モーメントを高めている
ヘッドを構成するすべてのパーツを総称するタイトリスト独自の〈スピードシャーシ〉。これを徹底的に軽量化しつつ、相反する要素である慣性モーメントを高めている 【拡大】
本来、シャフトもヘッドもゴルファーによって合う・合わないが出てくるのが当然。そのため、クラブは打ち手が変われば評価が一変してもおかしくない。ところが、タイトリスト『TS1』はどんな人にも高い評価で、性能の感じ方が似るという不思議なクラブ。

あなたに「100点」かどうかは、既に量販店に納品済みの試打クラブを打ってみれば分かります! そして、その可能性は限りなく濃厚!?

撮影/山代厚男 文/長岡幹朗 取材強力/ゴルフ5世田谷店、ヴィクトリアゴルフ新宿店

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ