全米オープンでデビューしたタイトリストの新アイアン 謎の〈T100〉は「打感がスーパーソフト」

メジャーでいきなりの新アイアン投入を決めたポールター
メジャーでいきなりの新アイアン投入を決めたポールター 【拡大】
試合はもとより、タイトリストの新作3機種が一気にデビューしたことでも話題になった全米オープン。〈620MB〉〈620CB〉〈T100〉が、メジャーの舞台で一斉にテストされた。アイアン巧者の松山英樹が「グリーンが小さい」とこぼし、距離も米ツアーの中では短いペブルビーチGLだけに、アイアンの精度が勝負になったが、早速投入した選手が早くも現れた。

「〈T100〉の5番アイアンと〈U-500〉ハイブリッドアイアンの4番、〈TS2〉のハイブリッドを今週入れるよ」と事前に名言。新アイアンの性能についてこう絶賛した。「〈T100〉アイアンは高さが出て打感もイイ。打感がとにかくスーパーソフトなんだよ。前のアイアン〈718 AP2〉とすごく似てるけど、フィーリングが良くていい感じに打てるんだよね」(イアン・ポールター)

新モデルの中でも謎の存在だった〈T100〉だが、長らく〈AP2〉を使ってきたポールターが「似ている」とのこと。そして、「メモリアル」からツアー投入されている新作ハイブリッドとアイアン型UTの投入も明言。〈816H2〉ハイブリッドを〈TS2〉ハイブリッドへ、〈716 TMB〉の4番アイアンを〈U-500〉に替える考えを示した。
左から〈620MB〉〈620CB〉〈T100〉
左から〈620MB〉〈620CB〉〈T100〉 【拡大】
また、タイトリストの新作をほとんどいつもイの一番で試すジミー・ウォーカーも〈620MB〉を投入し「とても綺麗でよくできたアイアンだ」とSNSに投稿。チャールズ・ハウエルIII も同様に〈620MB〉をバッグイン。そして、練習場で〈U-500〉他、ロングアイアンに新作をテストしていたジャスティン・トーマス。こちらは4番アイアンに〈620CB〉を入れたようだ。

それにしても、誰もが獲りたい全米オープンで、かなり大がかりなテストが行われ、実際に使用を決めた選手が多いことに驚く人も多いはず。これまでならメジャーは調整やテストの場ではなく、完璧に仕上げて挑む場というのが当然だった。だが、タイトリストは昨年〈TS〉シリーズのウッドのデビューの場も敢えて最も厳しい全米オープンを選んでおり、メジャーでの新作ギアのテストに選手も慣れた様子。これはタイトリストの自信と選手からの信頼の表れなのかもしれない。

同ブランドのアイアンは従来どおりなら秋ごろの発売になるはずだが、早く実際に打ってみたい。

(本誌ギア班)
※2019年7月2日号「芝目八目」より

週間パーゴルフ2019年7月2日号(6月18日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●韓国人選手のダボに「ありがとう」の声援(?)過去には岡本綾子が行き過ぎた身内びいきを叱った例も
●ツアー選手権で日本史上初の試み ギャラリーの写真撮影を選手たちはどう感じた?
●高齢ドライバーの免許返上が話題になっても、クラブバスがなかなか増えない事情
●全米オープンでデビューしたタイトリストの新アイアン 謎の〈T100〉は「打感がスーパーソフト」
●全英オープンで使い捨てのボトルを排除する環境対策 日本でも1試合あたりに出るペットボトルごみは1トンにも

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ