日本ゴルフ協会がスマホ時代への対応へ本腰 HPの改修、FBに続いてユーチューブも始動

日本ゴルフ協会の現在のHP画面。「ホームページリニューアルのお知らせ」という文字がトップに出てくる
日本ゴルフ協会の現在のHP画面。「ホームページリニューアルのお知らせ」という文字がトップに出てくる 【拡大】
日本ゴルフ協会(JGA)のホームページ(HP)が昨年末よりリニューアルに入って久しい。一部内容が見られなくなっているため、JGA主催のナショナルオープンやアマチュア選手のプロフィール、ナショナルチームについての詳細情報知りたい利用者にとっては、不便といわざるを得ない状態となっている。

元々、充実した内容のHPだっただけにリニューアルの内容が気になるところだが、最大の変更点はスマートフォンへの対応だという。

「スマートフォンが当たり前の時代。JGAのHPもパソコン用画面だけではいけないということで対応を図っているところです。スマートフォン用画面のトップページを改修して、すぐに見たい情報へアクセスできるようにしています」(JGA)

作業は最終段階に入っており、今年のナショナル競技の初戦(6月25~28日、日本女子アマ)までには新ホームページが公開されるというので、今しばらくの我慢だ。

だがJGAのITへの取り組みはそれだけではない。HPリニューアル中の情報発信は以前より開始していたフェイスブック(FB)によって行っており、さらに5月27日にはFB上で「日本ゴルフ協会YouTube公式チャンネル」を立ち上げたことを公開。今年から改定されたルールに基づいた処置方法や昨年のナショナルオープンでの各選手のインタビューや競技の模様など、今までHP上で公開されていた動画もアクセスしやすくなっている。
YouTubeの日本ゴルフ協会公式チャンネル。5月31日の正午現在で約230本の動画がアップされていた
YouTubeの日本ゴルフ協会公式チャンネル。5月31日の正午現在で約230本の動画がアップされていた 【拡大】
新ルールの解説動画も見られる
新ルールの解説動画も見られる 【拡大】
こうしたSNSへの取り組みについてJGAは「昨年もSNS専任担当者を日本オープン、日本アマなど4試合に入れました。出場選手の成績や様子がどうなのかは関係者であるほどすぐに知りたいものですから。今後インスタグラムなども広げていくかは各SNSの特性を見極めていってからとなりますが、アマチュア競技にもっと興味を持っていただきたいという意図もありますから積極的に発信していきたいです」という。

今後、JGAがどんな情報をどんな方法で発信していくのか。まずは日本女子アマから始まる今年度の各ナショナルオープンが楽しみだ。

(本誌・中澤浩治)
※2019年6月18日号「芝目八目」より

週間パーゴルフ2019年6月18日号(6月4日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●好調の勝みなみが取り組むメンタル強化 キーワードは「今、ここ、自分」
●全米プロシニアを制したケン・タニガワは映画化したいくらいの“シンデレラおじさん”だった!
●若手が優勝を争った中京テレビ・ブリヂストンの視聴率が今季最高 やっぱり“黄金世代”が活躍すると視聴率って上がるの?
●黄金世代台頭の影で復活を期す30代の選手 どんな気構えで試合に臨んでいる?
●日本ゴルフ協会がスマホ時代への対応へ本腰 HPの改修、FBに続いてユーチューブも始動
●今季欧州で低迷する谷原秀人 年間ポイント200位でも焦らぬ理由は?

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ