幡地隆寛 世界一の飛ばし屋と同じシャフトで飛距離アップ

日本未上陸のレア物をお取り寄せ!
日本未上陸のレア物をお取り寄せ! 【拡大】
試合数不足ながらドライビングディスタンス312.38ヤードで裏1位の幡地隆寛。今もっとも飛ばす日本人選手である。

「最近、ボールが吹けていたので、シャフトの変更を考えました」

幡地の頭に浮かんだのが世界一の飛ばし屋、ダスティン・ジョンソン。

「打ち出しが高く吹けずに前に飛ぶダスティンと同じシャフトにしたら吹けないと思ったのです」

DJが使う日本未上陸のフジクラ〈ベンタス〉を取り寄せ、~全英への道~ミズノオープンで実戦投入した。

「思ったとおり吹けずに前に飛んでくれます。アイアンの振り感とも一緒で振りやすいです」

東北福祉大の先輩、松山英樹もその飛距離は松山も一目置く。日本が誇る大砲がDJの背中を追いかける。
文・編集部 ※2019年6月18日号「トーナメントフラッシュ」より

週間パーゴルフ2019年6月18日号(6月4日発売)のトーナメントフラッシュでは、以下のようなラインアップで選手たちの気になる最新情報をお届け中です。
●イ・ボミ オープンしたカフェは大盛況中!
●幡地隆寛 世界一の飛ばし屋と同じシャフトで飛距離アップ
●渋野日向子 インスタフォロワーが10万人超え
●チームセリザワ ついにCDデビュー!ゴルフでも歌でも元気に!
●宮里美香 宇宙スペック素材のキャディバッグ
●大城さつき 好調はこのメガネのおかげ!?

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ