自分に最適なシャフトが分からない…そんな人におススメ!

フィッターの吉川さん(左)と橋添さん、最適なシャフトを見つけてくれます!(写真・鈴木健夫)
フィッターの吉川さん(左)と橋添さん、最適なシャフトを見つけてくれます!(写真・鈴木健夫) 【拡大】
〈USTマミヤ〉ブランドを展開する株式会社シャフトラボのシャフトフィッティングをご存じだろうか?自分のスイングのパフォーマンスを最大限に発揮するためにも、シャフト選びは重要。しかし、なかなか自分にあったモデルやスペックが見つからない、とお悩みの方におススメしたいサービスだ。

フィッティングの時間は90分。自分が現在使用しているクラブをすべて持っていくことが推奨されている。
まずはヒアリング、フィッターにあなたの悩みを相談しよう!
まずはヒアリング、フィッターにあなたの悩みを相談しよう! 【拡大】
①まず、シャフトラボ社独自のオリジナルカルテを基に、フィッターがあなたの悩みをヒアリング。握力の測定もあり、これは後々重量を決める際に使われる。これがフィッティングの土台となる。
フィッターがあなたの使用クラブを計測。特に重要なのは重量と振動数
フィッターがあなたの使用クラブを計測。特に重要なのは重量と振動数 【拡大】
②今自分が使っているクラブのシャフトの振動数や長さ、バランス、重量を計測。スペックが正しい‟流れ“になっているかを診断する。
自分のクラブで打ってみて弾道などをチェック!
自分のクラブで打ってみて弾道などをチェック! 【拡大】
③実際に自分のクラブでボールを打ち、弾道を測定しクラブとの相性などをチェック。それらの結果を基にフィッターがあなたに最適なシャフトとスペックを提案。
フィッターがあなたに最適なシャフトを提案、それを実際に打って差を実感しよう!
フィッターがあなたに最適なシャフトを提案、それを実際に打って差を実感しよう! 【拡大】
④最後にそれを打って、自分のクラブとの‟違い”を体感するのが、大まかな流れになる。

このフィッティングが優れている点は、ドライバーからウェッジまで振り感を統一できるよう診断してくれる点。「重量や振動数を計算し、最適な流れになるようグラフ化します。上手くいかない部分がどこなのか、原因はドライバーなのかアイアンなのかも分かります。数値だけはなくお客様のスイングの個性も見て、合ったスペックをご提案します。シャフトでヘッドとプレーヤーのパフォーマンスを最大化するのが我々の使命。フィッティングは敷居が高いと思われがちですが、ぜひお気軽に受けていただきたいです」(シャフトラボ・フィッター吉川仁氏)

実際にこのフィッティングをドライバーのみで体験した弊社の社員は、飛距離が約20ヤードアップ。クラブがアッパーに入りすぎて飛距離をロスしていたが、吉川氏が提案した〈アッタス クール 4X〉に変えたところ、インパクトロフトが適正になり会心の当たりを連発していた。「「診断してもらったら入射角が28度と8番アイアンの入射角度と診断され驚きました。今まで高弾道ではあるものの飛距離が出ないことに悩んでいましたが、ご提案を頂いたシャフトに組み換えたところ、中弾道の強い球になりランが出て飛距離が伸びました。原因はシャフトだったんですね!」。

シャフトラボ本社のフィッティングスタジオには同社のすべてのスペックのシャフトが44.5~46.5インチまで揃えられている。あなたのゴルフを劇的に変化させる可能性があるシャフトフィッティング。申し込み/お問い合わせは下記まで。

0120-931-679
公式ホームページ(https://coubic.com/ustmamiya)

※フィッターの吉川さんの登場するレッスン企画が6月4日発売の週刊パーゴルフに掲載されます。スライサーなら必見のこの企画、ご期待ください!

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ