知らぬは恥! 絶対覚えておきたいルール教室 球は赤杭の中にあったが打てる状態だった。しかし赤杭が邪魔になるので取り除きたい

解答(1)OB杭は取り除けないが赤杭は取り除ける

 昨年まで赤杭で囲まれた区域はラテラルウォーターハザードと呼ばれていましたが、2019年より赤杭で囲まれた区域は、レッドペナルティエリアとなり、黄杭で囲まれた区域はイエローペナルティエリアと改名されました。

 そして、この区域に球があり、その球をプレーするときには、いくつかの禁止行為がありました。例えば球の近くにあるルースインペディメントに触れてはならないとか、クラブで地面に触れてはならないというものがありましたが、19年からはそれらの禁止行為がなくなり、ジェネラルエリアと同様に球をプレーできるようになりました。

 レッドペナルティエリアの限界を示す赤杭は、動かせる障害物なので、もともとスイングの邪魔になるようであれば、それを取り除くことはできましたが、OB杭は取り除くことができません。もし、OB杭を取り除いてしまい、元に戻すことなくプレーしてしまうと2打の罰がつくこととなります。

 これも、昨年までは取り除いた時点で罰がついていましたが、19年からは、プレーする前に元の状態に戻せば罰がつかなくなりました(規則8-1c参照)。

 そして、ペナルティエリアでの禁止行為が緩和されたことにより、今までよりもペナルティエリアが拡大されたコースも増えています。同時に、それを表示する赤杭や黄杭の数も増えていますが、それらは動かせる障害物なので、スイングの邪魔になったり、打った球が杭に当たる恐れがあるのであれば、取り除くことができるのです。

※解説部分は原則的に「ゴルフ規則」の表記に準じています
解説・日本プロゴルフ協会(PGA)専門競技委員 飯田雅樹、イラスト・西山幸男
※週刊パーゴルフ(2019年6月4日号)掲載

バックナンバーはコチラ  >>

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ