飛ばし屋のセッティングを撮影していたら…レアクラブを発見

飛ばし屋、山路のアイアンはエポン!(写真・鈴木祥)
飛ばし屋、山路のアイアンはエポン!(写真・鈴木祥) 【拡大】
飛ばし屋の使用する14本には、個性が光る。女子プロのセッティング取材をしていて、パワーヒッターのクラブを見ていると、男子プロのようにUTが少なかったり、シャフトのフレックスがXだったり、‟おっ“と思わされることが多い。

今季、ドライビングディスタンス250.42ヤードで4位に入っている(※5月8日時点)ツアールーキー、山路晶のクラブたちも個性的だった。契約フリーでウッドは全部テーラーメイド。〈M5〉のスプーンが入っているが同社のツアー担当によれば、現在女子プロでこのクラブを入れているのは山路のみ。「ヘッドスピードは47m/sぐらいあるんじゃないですかね。〈M5〉の3番はロフトが通常より立っているツアーモデルです」(テーラーメイド・ツアー担当 真野義英氏)。通常の3番は15度だが、山路は14度のものを使用。このことからもかなりの飛ばし屋であることがうかがえる。

またアイアンは知る人ぞ知る遠藤製作所のプライベートブランド・エポンの〈エポン AF-Tour CB〉。「エポンは1年ぐらい前に知り合いの人が打っていて、それを借りて試したらめっちゃ良かったので。‟エポン使ってるの?“とはよく言われます(笑)」(山路)。なかなかツアー会場ではお目にかかれないクラブだ。

山路がクラブを選ぶ際に重視するのは「ポイントは振りやすさと打感。自分の感性で選びます。飛距離などは重視しないですね。飛距離に関してはよく聞かれますが、実はあまり飛ばそうとはしてないですよ(笑)」。意外なことに飛距離は重視しておらず、ただ振れば飛ぶ、というだけらしい。本人もなぜ他人と比べて飛ぶかは意識しておらず、強いて言えば「体が柔らかいのもありますし、水泳やテニスで鍛えてきたバネもあると思います」(山路)とのこと。

東北高校出身で、先輩の宮里藍にはよく似ていると言われる20歳。飛ぶけど曲がるのが目下の悩みだそうだが、思い切り振った時は280ヤード近くまでいくという逸材。今季まだ結果は残せていないが、そのポテンシャルは折り紙付きだ。藍ちゃんによく似た新鋭のパワーヒッター、ツアーで上位に来たらブレイクは間違いなさそうだ。
山路晶のセッティング、ウッドはテーラーメイドで統一
山路晶のセッティング、ウッドはテーラーメイドで統一 【拡大】
【山路晶の使用クラブ】
1W:テーラーメイド M5 9度
(シャフト:ディアマナ DF-60 フレックスS)
3W:テーラーメイド M5 14度
3UT:テーラーメイド M6 19度 
4UT:テーラーメイド M6 22度 
I:5~PW エポン AF-Tour CB
W:50度、54度、58度 フォーティーン FHフォージドV1
P:オデッセイ ストロークラボ VラインCS
B:スリクソン ZスターXV

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ