初出場のマスターズで得た課題とは?賞金王・今平周吾の新たな挑戦

東建の最終日はプロトタイプのドライバーをテストした
東建の最終日はプロトタイプのドライバーをテストした 【拡大】
マスターズに初出場を果たした昨季の賞金王・今平周吾。米国からの帰国早々、練習ラウンドなしのぶっつけ本番で国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」に臨んだ。最終的な順位は18位タイと、まずまずの結果を残した。

実は今平は、東建から新たな課題に取り組んでいた。

「正確性だけでもいけるかなと思っていたのですが、やっぱりもう少しドライバーの飛距離がないと。できれば15ヤード。取りあえず10ヤードは伸ばしたいですね」(今平)

メジャーで痛感した海外選手との飛距離と球の高さの差。これを縮めないことには海外での活躍はないことを痛感した。

東建の第3ラウンドまでは振りを速くした。昨季のドライビングディスタンスは287.09ヤード。東建初日のドライビングディスタンスは298ヤードだった。2日目と3日目は昨年平均と同じくらいだったが、飛距離を出すためにさまざまなことを試合の中で試しながらプレーしたという。

しかし、最終日は「コントロール重視でやりました。無理をして飛ばすのではなく、ゆっくりでも球に力が伝わる打ち方をしたい。しっかりとした強いインパクトで効率よくボールを飛ばしたいですね」という。思いきり振ると、やはり球が散ってしまう。2日目はフェアウェイキープ率が28.57%と低迷。これでは戦えないと判断し、効率的なインパクトで「これから1ヤードずつでも飛距離を伸ばしたい」と、焦らず一歩ずつ課題をクリアしていこうと考えを改めた。

最終日はヤマハの〈RMXプロトタイプ01〉を投入するなどギアもテスト。

「まだ慣れていないので飛距離はあまり伸びませんでしたが、感触はよかったです。これからスイング、クラブとも調整していきたいです」

また、体重も現在の65キロから70キロを目標に増量していきたいという。世界に挑む日本人選手がぶつかる壁が飛距離。体格に恵まれていない今平には大きな問題だ。来週はメジャー第2戦目の全米プロ。賞金王の新たな挑戦の成果が試される。

(本誌・小路友博)
文・編集部 ※2019年5月21日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2019年5月21日号(5月7日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●タイガーの元キャディ、スティーブが久々に登場 現キャディのラカバは心温まる秘話を明かす
●黄金世代がまたもキタ!今季7戦してトップテン4回の吉本ひかる絶好調の要因は飛距離アップにあり
●川奈ホテルGCなどでプラスチックごみ削減策 脱衣所のビニール袋はなくなるのか?
●米国ではゴルフクラブも定額サービスで使う時代に 日本での可能性は?
●初出場のマスターズで得た課題とは?賞金王・今平周吾の新たな挑戦

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ