プロギア〈RS E〉〈RS RED〉のアマ試打レポ。コースで打つとどう感じる?

【ギリギリ】の2モデル体制が、4モデルに拡充!

RS E ドライバー2019年4月19日発売予定
つかまる、上がる、ミスに強い。 ギリギリの高初速+カンタンで飛距離を確実に伸ばすドライバー。
RS RED ドライバー2019年4月12日発売予定
ギリギリの反発性能に加え、 さらにヘッドを加速させて飛ばす、スピード設計ドライバー。

RS ドライバー高初速のレベルが違う。高初速の広さが違う。ドローで飛ばすRSドライバー。


RS F ドライバー高初速のレベルが違う。高初速の広さが違う。フェードで飛ばすRS Fドライバー。

プロギア〈RS〉シリーズといえば、歴代モデル、ナナメの独特なクラウンを持っている。この「Wクラウン」構造で、高初速かつそのエリアの広さも誇っており、ドロー設計の〈RS〉、フェード設計の〈RS F〉2モデルがあるのはご存知のはず。

そこに今回加わるのが、カンタン“イージー”の意味の〈RS E〉。そして、ヘッドスピードUPで飛ばす〈RS RED〉だ。4機種になり、その全てが「Wクラウン」構造で、4つのギリギリから最適を選べる体制になった。プロギアはヘッド全数をギリギリかどうか「CT値検査」をするほど、ギリギリ反発にこだわるメーカーなのだ。

2019年の追加機種は、既存の〈RS〉〈RS F〉が「少ししんどかった」という人に向けて、ギリギリ反発を持つ「やさしいモデル2機種を開発・追加した」ということになるだろう。この辺りをアマチュアでも実感できるのか? 確かめてみたい。

本球だから余計に感じる【ギリギリ】感。超つかまる!


まずは、〈RS E〉の10.5°、純正スピーダーエボリューション for プロギアのM43(S 相当)の試打を開始、練習なしのぶっつけ本番でスタートホールへ。ワッグルした瞬間に感じるのは、ある程度手元側がしっかりしたシャフトで、「先端が走りそう…」との印象だ。クラブ重量も308gとある程度あるが、素振りの時点でびゅんびゅんヘッドの加速を感じる。(308gなのに、なぜだ…)

〈RS E〉には可変スリーブがなく、シャフトは接着式。その分、余剰重量を配分した結果、超深重心かつ、重心角34°。小難しい話を要約すれば【カンタンにつかまる・上がる】が追求されている。ヘッドもシャフトもつかまり系ということになる。

そのため、フェアウェイ右端に狙いをつけてHS43m/s程度に抑え、軽く振ることにした。「パキーン」と心地よい中音のサウンドから、感じる出球の速さと弾き感。ターゲット線上に飛び出した球は、中・高弾道で、そこからぐぐっとフック回転からフェアウェイ左サイドに着弾した。フックとドローの間といった感じ。行ってみると、飛距離は約270ヤードちょっと。(軽く振ったにしては十分すぎる…)
同組でテストした PCM ラボの筒康博(HS43m/s)も似た球になった。
同組でテストした PCM ラボの筒康博(HS43m/s)も似た球になった。

同組でテストした PCM ラボの筒康博(HS43m/s)も似た球になった。
「弾きが凄いです、確かにギリギリ。それに軸線深度が深いのに、スピーダーエボリューション for プロギアのシャフトのおかげか、すごく軽快に振れます。その分、つかまりもいいから、右に抜けるような球が一切出ない。フェース開閉が苦手な人でも確実につかまるヘッドです。つかまりを数値化すると、フェード設計の〈RS F〉が6、ドロー設計の〈RS〉が8.5、今回の〈RS E〉は10点満点でしょう」(筒)

〈RS E〉なら、スライサーでもドローが打てる!

また、もう一人、マニアックギア誌「PCM」の編集長・村田辰也氏も、こう言う。

「今までのプロギアのクラブで〈RS E〉は一番つかまりがいいかも。〈RS〉もドロー設計でつかまるドライバーだったけど、〈RS E〉の方が、もっとつかまるし上がる印象。ちょっとスライス気味の人でもドローがカンタンに打てるくらいつかまるし、右プッシュの類も一切出ないというか、出せない。ドライバーだけ右にミスするという、苦手意識のある人にもいいだろうね。でも、スライサーの救世主だと思う半面、元々球をつかまえられるドローヒッターの私は左の林にいくことも多かった。しかも、つかまる上にフェースが弾くから、飛距離が出てしまう…。私のようなフッカーよりも明らかにアベレージゴルファーのスライサーが恩恵を受けられるクラブ。低いスライスの人なら、30 ヤードくらい平気で伸びると思う」(村田氏)

結局、前半ハーフは〈RS E〉ドライバーでラウンドし、3人はターゲットをいつもより10ヤード前後右に向けることで対応。フェースが閉じた状態でインパクトしやすいためか、中・高弾道のドローが出やすく、スピン量も適正からやや少なめになったため、総じて3人とも「振ってないのに260~280ヤード近く飛ぶ」という結果になった。

NEW「RS E/REDドライバー」が当たるキャンペーン実施中!


本アンケートとその中にあるクイズにお答えいただいたお客様の中から抽選で1名様に、ご自身のご希望スペック(純正シャフト)の「RS E/REDドライバー」が当たるキャンペーンを実施中!

クイズは 【ギリギリに変えれば●●●●●!】
この●●●●●をお答えください。
ヒントはページ下にある動画の中で出演者がキャッチフレーズを話してます。

アンケート応募期間:3月22日(金)~4月10日(水)まで
当選者には、弊社グローバルゴルフメディアグループより応募期間終了後、直接ご連絡をさせて頂きます。


プレゼント応募ははこちら

詳細スペックはこちら(PRGR公式サイト)


GOLF Net TV YouTubeはこちら

簡単に飛ばせる!プロギアRS Eはイージーの“E”




プロギアRS REDは振り切ってスピードで飛ばす!

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ