アマでも分かる?僭越ながらプロの言葉を検証しました!〈第1弾 SRIXON Z-STAR〉編

SeRMで飛距離とスピンを高次元で両立した<Z-STAR>

アマでも分かる?僭越ながらプロの言葉を検証しました!〈Z-STAR〉編
アマでも分かる?僭越ながらプロの言葉を検証しました!〈Z-STAR〉編
ツアー2勝、ギアへの造詣も深い谷口拓也プロがボールの試打を行った「スコアアップを目指す 最新ボールに注目せよ」(週刊パーゴルフ3月26日号掲載)。最新ボールの魅力を余すところなくプロが語ってくれているが、それがアマにも分かるのか検証せよとの指令が。プロの言葉を頭に入れながらH.C.7のゴルフネットTVディレクター・Sとパーゴルフ編集部のアベレージゴルファーKも僭越ながら試打をしてまいりました。さて、2人はプロが言ったことを体感できたのか?
谷口拓也プロ
谷口拓也プロ
<谷口拓也プロ試打インプレッション>

<Z-STAR>は、打感がソフトなのに、インパクト直後にボールが力強く飛び出す初速の速さを感じる。打ち出し角がやや低いが、これはロフト角を調整すれば問題なく、むしろ適度なスピン量があり、落ち際まで前に伸びるボールが打てる。ドライバーでスピン量が少ないと感じる人は<Z-STAR>がオススメ!

<Z-STAR XV>は、<Z-STAR>と比べて打球音が高いこともあり、打感がやや硬く感じるが、球離れが早く、初速感があるので、飛んでいる感触が手に伝わる。打ち出し角が高く、スピン量を抑えた直線的な力強い弾道になるため、<Z-STAR>よりも大きなキャリーで飛ばせる。スピン量が多い人はこちらのほうが良いだろう。

アマチュア2名による試打インプレッション

K:スリクソンの〈Z-STAR〉と〈Z-STAR XV〉、言わずと知れた世界中のトッププロが使うツアーボールです。男女の日本ツアー使用率No.1とのこと。昨年、発売前から稲森佑貴プロや香妻琴乃プロが使用して勝ちましたね。性能の高さはおなじみです。正直、ボクではそのポテンシャルが引き出せるのやら(笑)

S:君じゃね(笑)やっぱりドライバーでは〈Z-STAR〉のほうが柔らかく感じるな。〈Z-STAR XV〉のほうが硬く感じて前にいってる感じ。アイアンでも打った時に〈Z-STAR XV〉は重さを感じる。

K:谷口プロも同じことを言ってますね。あと「アプローチショットでフェースに乗る感じがとにかく気持ちいい。実戦力の高いボールだ」というのがプロの特筆すべき感想。

S:両方ともスピン性能が高いよね。〈Z-STAR XV〉は低い球で、しっかりスピンが効いていた。俺はこっちのほうが距離感を合わせやすいかな。

K:アベレージは飛距離だけを追いがちですが、アプローチでどれくらいの高さで飛んでいく、とかそういうことも考えたほうがいいんですね。自分もアプローチの距離感の合う合わないでボールを選んでみようかな。まあ普通にミスもしますが。

S:ドライバーよりウェッジのほうがちゃんと打てるでしょ?ボールの性能を考えるのは短いクラブで打ってフィーリングがいいもののほうがいいよ。

K:プロに選ばれるっていうのはちゃんと理由があるんですね、やっぱり。ボクはウェッジで球が高く上がった〈Z-STAR〉のほうが気に入りました。これからはアプローチの感触でボールを選んでみようかな…

●ディレクターS
53歳。ゴルフ歴は20年以上で、競技にも積極的に参加し競技歴は17年。オフィシャルハンデは7のシングルプレーヤー。ドライバーの平均ヘッドスピードは45m/s。GGMG社内でも屈指の腕前の持ち主

●編集K
今年で40歳。ゴルフ歴は無駄に長く15年。オフィシャルハンデは20のエンジョイゴルファー。ドライバーの平均ヘッドスピードは40m/s。プロや識者への取材の際にこっそり自分のゴルフの悩みを聞いてもらうのが趣味。

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ