〈エピックフラッシュ〉の限定モデルが売れすぎて追加入荷を検討中

ゴルファーは「限定版」という言葉に弱い!?
ゴルファーは「限定版」という言葉に弱い!? 【拡大】
2月に発売され人気を博しているキャロウェイの〈エピックフラッシュ〉シリーズ。つかまりのいい〈スター〉、アスリートゴルファー向けの〈サブゼロ〉、そして両者の中間モデルで日本では本数限定の〈スタンダード〉の3タイプがあるが、〈スタンダード〉が人気沸騰中だという。すでにキャロウェイには在庫がないそうだ。

「確かに売れていますね」というのは二木ゴルフの販売部次長・磯部秀哉氏。

「一部の店舗では売り切れてしまっています。まだ店頭在庫はありますが、想定以上の売れ行きですね」

ゴルフパートナー・ヴィクトリアゴルフロッテ葛西店の店長・峯明弘氏は、

「当店では完売です。ここまでの人気が出るとは考えていませんでした。松山英樹プロが使用した影響も大きいと思います」

という。なお、ゴルフパートナーやヴィクトリアゴルフでは品薄状態だそうだ。人気の秘密はどこにあるのか。2019年モデルをすべて試打しているギアライター・鶴原弘高氏は、

「バランスがいいと思います。〈スター〉ほどつかまりすぎず、〈サブゼロ〉よりオートマチックでやさしい。あと、素材は他の2本と同じなのですが、なぜか自分は打感が一番よいと思います。打球音も他のモデルは高めなのですが、〈スタンダード〉は低め。ボクも買うならコレだなと思っていました」

性能はもちろん、打感、打球音など日本人の感性に合うクラブなのだろう。

こうなるとこれからも「欲しい!」と思う人は多そうだが、この号が発売されるころには、さらに手に入りにくくなっている可能性も…。そこでキャロウェイに、この現状について聞いてみた。

「お客さまからも販売店さまからも非常にお問い合わせが多く、追加での入荷を検討しています。また数量限定にはなってしまう予定ですが」(マーケティングブランドコミュニケーションズセクション マネージャー・鈴木和臣氏)

キャロウェイ側でも想定外の人気。追加入荷の可能性もあるが、欲しい方は急いだほうがいいだろう。

(本誌・小路友博)
文・編集部 ※2019年3月12日号「芝目八目」より

2019年3月12日号(2019年2月26日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●〈エピックフラッシュ〉の限定モデルが売れすぎて追加入荷を検討中
●タイガー主催の大会がパーマー、ニクラスの大会と同格に 名実ともにレジェンド二人と肩を並べた!?
●初・中級者ゴルファーにはうってつけ!?OBのボールを補?してくれるサイト発見
●人格者として知られるマット・クーチャーが「ケチ!」とブーイングされる異常事態

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ