東京2020公式ライセンス商品の人気ナンバーワンはTシャツじゃない、まさかのゴルフボールだった!

東京2020オフィシャルショップ 新宿西口店の加藤さん
東京2020オフィシャルショップ 新宿西口店の加藤さん 【拡大】
来年の7月24日に開幕する東京五輪。先月、東京2020組織委員会が東京五輪の観戦チケット販売概要を発表し、今年4月以降には公式サイト上で抽選申し込みも始まる。

着々と開催への気運醸成に向けた準備が進む中、大会公式ライセンス商品を扱う「東京2020オフィシャルオンラインショップ」( https//tokyo2020shop.jp/)で今、売上ランキングの1、2位を占めているのがゴルフボールだというのをご存じだろうか(1月31日時点)。

公式ライセンス商品の定番人気といえばTシャツやネクタイ。それを差し置いて「なぜゴルフボール?」と、興味を引かれたので売り場の生の声を聞くべく、「東京2020オフィシャルショップ 新宿西口店」(ビックカメラ新宿西口店内2階)を訪れた。
1位は東京2020オリンピック大会エンブレムがプリントされた〈TOUR B X〉(1ダース・税込み6804円)、2位は東京2020マスコット「ミライトワ」がプリントされた〈TOUR B JGR〉(1ダース・税込み5832円)
1位は東京2020オリンピック大会エンブレムがプリントされた〈TOUR B X〉(1ダース・税込み6804円)、2位は東京2020マスコット「ミライトワ」がプリントされた〈TOUR B JGR〉(1ダース・税込み5832円) 【拡大】
ショップスタッフの加藤大貴さんに話を聞くと、

「当店に関しては、ダースでというよりはスリーブで買われる方が圧倒的に多いです。ゴルフ好きの方やそのご家族、ご友人へのお土産としてご購入されています。また、今の時季はちょうど春節ということもあり、中国からのお客さまもよく来店され、日本への旅の記念に商品を購入される方も多いですね」

東京2020オフィシャルショップを訪れるのは、30”50代のビジネスマンが多く、ゴルフボールだけでなく、ネクタイや小銭入れなどの革小物も人気のようだ。

東京2020大会エンブレムやマスコットの入った商品には“限定感”があり、会話のきっかけにもなることからビジネスシーンで大いに活躍しているようだ。現状、ゴルフ関連の東京2020公式ライセンス商品はボールのみだが、今後は徐々にアイテムを増やす予定とのこと。次はどんな商品が登場するのか、楽しみだ。

(本誌・島村真理子)
文・編集部 ※2019年2月26日号「芝目八目」より

2019年2月26日号(2019年2月12日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●ゴルフ場利用税撤廃へ議員立法提出の最終手段!中心人物の衛藤代議士は「ようやくゴールが見えてきた」
●キャディを後方に立たせても一度アドレスを解けばいい!?1月から施行された新ルールが早くも実質的改正
●タイトリスト〈TS3〉が米ツアーで使用率1位!その理由は契約フリー選手の増加?
●東京2020公式ライセンス商品の人気ナンバーワンはTシャツじゃない、まさかのゴルフボールだった!
●セルヒオ・ガルシア、新ルールの“重大な非行”で失格に 落ち着いた大人になったはずが再び“非行中年”に

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ