知らぬは恥! 絶対覚えておきたいルール教室 2019年のゴルフ規則の主要変更点 -その5- ペナルティエリア

ウォーターハザードという言葉はもう使いません

ペナルティエリアからの処置は大別して3つ、対岸からの処置はなくなった

 以前までは黄色の杭(くい)や線で表示されていた区域をウォーターハザード、赤色の杭や線で表示されていた区域をラテラルウォーターハザードと呼んでいましたが、これからはペナルティエリアという呼び方になります。

 種類は以前同様に黄色の杭や線で表示されているエリアはイエローペナルティエリア。また、赤色の杭や線で表示されているエリアはレッドペナルティエリアと呼びます。

 もし、コース内の池や川、水路に赤色や黄色の杭や線で表示されていなかった場合は、その池や川、水路はレッドペナルティエリアとして扱われます。

 プレーヤーの球がこのペナルティエリア内にある場合、またはペナルティエリアで紛失したことが「分かっている、または事実上確実」な場合の救済の方法は、それぞれ1罰打で、

(1)プレーヤーは直前のストロークを行った場所から元の球か別の球を1クラブレングス以内にドロップしてプレー

(2)プレーヤーは元の球か別の球を、元の球がペナルティエリアの境界を最後に横切ったと推定される地点とホールを結んだ後方線上に基点を決め、その基点から1クラブレングス以内の救済エリアにドロップ

(3)ラテラル救済(レッドペナルティエリアに対してのみ)の球がレッドペナルティエリアの境界を最後に横切ったと推定した地点を基点として、その基点から2クラブレングス以内でホールに近づかない救済エリアに元の球か別の球をドロップすることができます。

 以前までの4番目の選択肢とされていた、(3)の対岸からの処置はできなくなりました。

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ