ピン〈G410〉の標準シャフトに〈テンセイ〉が!初の三菱採用は額賀辰徳の初Vが影響!?

ピン〈G410〉ドライバー
ピン〈G410〉ドライバー 【拡大】
先日、世界同時に詳細が発表されたピンの新クラブ、〈G410〉シリーズ。そのドライバーには標準のカスタムシャフトに三菱ケミカルの〈テンセイ CKプロオレンジ〉が採用された。前モデルでは三菱製のシャフトは標準のラインナップには入っていなかったが、ピンのドライバーにテンセイ、この組み合わせは国内男子ツアーのファンならば“ピン”とくるのでは?

昨年11月の三井住友VISA太平洋マスターズでツアー初優勝を遂げ、2018年のドライビングディスタンス1位にも輝いたパワーヒッター、額賀辰徳が昨年使用したセッティングなのだ。

正確には、額賀はテンセイの日本未発売モデル〈ホワイト〉を使っていたのだが、〈オレンジ〉が国内で販売されるに当たり、「契約の額賀プロが使ってパフォーマンスがよく、社内テストした結果もよかったため」(ピンゴルフジャパン・パブリックリレーションズマネージャー・山口尚子氏)〈オレンジ〉が標準としてラインナップされたという。

額賀は記者発表会で〈G410プラス〉と〈テンセイ CKプロ オレンジ〉の組み合わせで326.1ヤードのビッグドライブをマーク。

「振りやすさが増して、ヘッドスピードも上がっている。思いきり叩きながら直進性もあるので、素晴らしいです」と、新クラブを称賛していた。
ハードヒッター向けといわれればいわれるほど、打って
みたいという人もいるのでは?
ハードヒッター向けといわれればいわれるほど、打って みたいという人もいるのでは? 【拡大】
額賀の優勝の影響の他、「アマチュアゴルファーでヘッドスピードが速い方に人気があり、ハイバランス用のシャフトで低スピンタイプが、これまで〈G400〉のシャフトラインナップになかったため追加。フィッティングの中で新たな選択肢が増えました」(前出・山口氏)というのも追加の大きな理由だ。

ピンにテンセイ、額賀の実績からも注目の組み合わせだし、これが気軽に打てるのはパワーがあるアマチュアにはうれしいだろう。なお、標準にラインナップされているのは60Sと70Sで、腕自慢でなくては打ちこなせない。だが、カタログには載ってないが50グラム台も挿すことは可能だそうだ。あなたも試してみては?

(本誌・小路友博)
文・編集部 ※2019年2月19日号「芝目八目」より

2019年2月19日号(2019年2月5日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●最注目ドライバー〈エピックフラッシュ〉と〈M5〉〈M6〉予約数はどっちが優勢?大手ショップに聞いてみた
●新シーズンの復活に期待がかかるキム・ハヌル 三十路を迎え結婚も意識する女心を韓国紙に吐露
●ヘッド体積、反発力、シャフトがルール違反の突き抜けたドライバーを打ってみた!
●J・ローズが契約2戦目で早くも優勝 世界1位をほれさせた本間ならではの強みとは?
●ピン〈G410〉の標準シャフトに〈テンセイ〉が!初の三菱採用は額賀辰徳の初Vが影響!?
●手軽に自分のスイングを3D化できる画期的ウェアを帝人が開発
●進化を続ける〈プロV1〉にイエローが仲間入り 藤田寛之もトーナメントで使うかも!?

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ