ヘッド体積、反発力、シャフトがルール違反の突き抜けたドライバーを打ってみた!

ややフックフェースだが、外見上、ヘッド体積を含め適合クラブとの差は感じられない 取材協力/エスフォルタ・プライム(東京都港区)
ややフックフェースだが、外見上、ヘッド体積を含め適合クラブとの差は感じられない 取材協力/エスフォルタ・プライム(東京都港区) 【拡大】
ドライバーにはさまざまなルールが定められているのはご存じだろう。ヘッド体積は460㎤、フェースの反発係数は0.83の上限があり、シャフトは一定方向にだけ曲がりにくいものは違反とされている。ところが、これらルールのすべてを破る「体積480㎤」「反発係数0.855」「トウダウンしにくいシャフト」というドライバーが3月1日にキャスコから発売されることが分かった。いわゆる高反発ドライバーはいくつかのメーカーから販売されているが、3つのルールを破っているのは突き抜けた感がある。

〈ゼウスインパクト イージースペック〉(以下、ゼウス)と名づけられたこのドライバー(1本10万円+税)。気になるのは、その性能だ。早速取り寄せて編集部員がプロとともに打ってみた。比較するドライバーは2018年パーゴルフギア大賞で上位に入ったアベレージ向け売れ筋ドライバー(以下、A)。実質的なシャフト長さ、フレックス、ロフト角は両者同じで、トウダウンの具合も調べるため、スイング&クラブ挙動を解析する〈ギアーズ〉を使用した。
打点位置をまとめたもの。左がゼウスインパクト、右が売れ筋ドライバーA
打点位置をまとめたもの。左がゼウスインパクト、右が売れ筋ドライバーA 【拡大】
編集部員がヘッドスピード40M/sで打った結果は、平均飛距離はゼウス:221ヤード、A:223ヤード、最長飛距離はゼウス:231ヤード、A:230ヤードと互角。ゼウスが45M/s以下が対象ということでプロがその限界スピードで打ってみると、Aが数ヤード飛ぶ結果となった。一方、どのヘッドスピードでもハッキリと傾向が見られたのが、ゼウスの打ち出し角度の高さ。高い弾道はヘッド体積が大きいぶん深重心となっているおかげと見られ、球が上がらない人にはいい。

シャフトはトウダウンしにくいためか硬く感じられたが、半面、しっかり感があって振っていける印象。そのぶん振りやすく、真っすぐ飛ぶ感じがした。ギアーズのデータによれば、トウダウンの幅はゼウス:15ミリに対してA:20ミリで謳い文句どおり。打点位置のバラつきを見てもゼウスのほうが打点がそろうことが分かった(写真2枚目)。「トウダウンしにくいとフェースが開かないですし、手元が浮きにくくなります。そのぶんスライスは出にくいはずです」(試打したプロ・高橋圭祐)。

決してメチャ飛びするわけではないが、計測値としてはトップクラスの飛距離といわれるドライバーと同レベル。しかもスライスしにくく、芯に当たりやすいということはアベレージゴルファーにはうれしい性能。競技会では使えないが、エンジョイゴルフを満喫したいのなら選択肢としてアリだろう。

(本誌・中澤浩治)
文・編集部 ※2019年2月19日号「芝目八目」より

2019年2月19日号(2019年2月5日発売)の芝目八目では、以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●最注目ドライバー〈エピックフラッシュ〉と〈M5〉〈M6〉予約数はどっちが優勢?大手ショップに聞いてみた
●新シーズンの復活に期待がかかるキム・ハヌル 三十路を迎え結婚も意識する女心を韓国紙に吐露
●ヘッド体積、反発力、シャフトがルール違反の突き抜けたドライバーを打ってみた!
●J・ローズが契約2戦目で早くも優勝 世界1位をほれさせた本間ならではの強みとは?
●ピン〈G410〉の標準シャフトに〈テンセイ〉が!初の三菱採用は額賀辰徳の初Vが影響!?
●手軽に自分のスイングを3D化できる画期的ウェアを帝人が開発
●進化を続ける〈プロV1〉にイエローが仲間入り 藤田寛之もトーナメントで使うかも!?

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ