芹澤信雄 ニクラス、ワトソンに続け!

石川遼(左)とともに「PEARLY GATES設立30周年フューチャーGOLFツアー2019プレス発表会」に出席した芹澤
石川遼(左)とともに「PEARLY GATES設立30周年フューチャーGOLFツアー2019プレス発表会」に出席した芹澤 【拡大】
昨夏に人工股関節を入れる手術を行った芹澤信雄が、復活に向けて手応えをつかんでいる。

手術前は、自転車にも乗れないほどの痛みがあったが、手術から5カ月たち、日常生活は問題なく、練習ラウンドもこなせるようになった。

「グアムで久しぶりに3日連続ラウンドをやったら、ハリが出ましたけど(笑)。まだちょっと怖さはありますが、左サイドにしっかり乗れる感覚があるので、飛距離も伸びると思うので楽しみです」

4月のシニアツアー、ノジマチャンピオンカップを復帰戦とし、レギュラーツアーの中日クラウンズにも出場を予定している。

「シニアのシード復活が最低目標です。ニクラスやワトソンのようにボクの復活を待っていてください!」

米ツアーではジャック・ニクラスやトム・ワトソンが人工股関節を入れているが、日本では初の事例となる。芹澤の華麗なる復活を待ちたい。
文・編集部 ※2019年2月19日号「トーナメントフラッシュ」より

週刊パーゴルフ2019年2月19日号(2019年2月5日発売)のトーナメントフラッシュでは、以下のようなラインアップで選手たちの気になる最新情報をお届け中です。
●今平周吾 マスターズの招待状が来ました!
●香妻琴乃 苦い思い出のバンカーにリベンジ!
●芹澤信雄 ニクラス、ワトソンに続け!

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ