知らぬは恥! 絶対覚えておきたいルール教室 2019年のゴルフ規則の主要変更点 -その4- バンカー

バンカーが苦手な人は、2打の罰を払えばバンカーの外からプレーできるようになりました

一度バンカー内からプレーしてしまった後でも外に出せるように変更

 球がバンカー内にある場合のアンプレヤブルの処置に、バンカーの外からプレーできるという選択肢が追加されました。

 以前まで、バンカー内でのアンプレヤブルの処置は

(1)前にストロークをした箇所から1打の罰を払いプレーする

(2)球がある位置からホールに近づかず同じバンカー内で2クラブレングス以内の場所に1打の罰を払い球をドロップ

(3)球がある位置とホールを結んだ後方線上で同じバンカー内に1打の罰を払い球をドロップ

 という3種類でした。

 ですから一度バンカー内からプレーしてしまうと、唯一バンカーの外に行けた(1)の選択肢もなくなり、バンカーの外に出せる選択肢はなくなっていたのですが、新しい規則ではアンプレヤブルの1打の罰にさらに1打の罰を加え、合計2打の罰を払えばバンカーの外に出せるようになりました。

 その処置の仕方は、まず、球がある位置とホールを結び、その後方線上で球があるバンカーの外に基点を決めます(基点はコース内であればいくらでも下がることができます)。そして、その基点からホールに近づかない1クラブレングス以内の救済エリアに球をドロップすることとなります。

 救済エリアにドロップされた球はその救済エリア内に止まればホールに近づいたとしても再ドロップする必要はないので気をつけてください(新規則19-3参照)。

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ