【GOLF、今この人に聞きたい!】 第136回:菰田 潔さん

 「かくいう僕もゴルフに関しては準備不足でしたね」

 しばらくゴルフから遠ざかっていた菰田さんは今年の3月、久々にコンペに誘われた。その一週間前にキャディバッグをチェックするとクラブが何本か足りない。

 「犯人は息子に違いないと思って電話で確認したら、オヤジ、今ごろ気がついたの?って(笑)」

 買いに行こうかとも考えたが、音楽プロデューサーでもありモータージャーナリストの松任谷正隆さんの顔が、ふと頭に浮かんだ。松任谷さんが一度手にしたゴルフクラブは全部ガレージに保管してあると話していたのを思い出したからだ。

 「電話して、ちょっとクラブが足りないから貸してよ、っていったら、いいよって。でも貸してくれるまでに尋問が大変なの(笑)。スコアはどれくらいで、どれくらい飛んでどういうスイングで、今持ってる残りがどういうクラブなのかとか、いろいろと聞かれて。あの人すごいオタクなんですよね」

 そのコンペは松任谷さんから借りたクラブで何とかラウンドはしたものの、どうもシャフトが硬くて合わなかった。そもそもそのクラブは程ヶ谷カントリー倶楽部で1、2を争うハードヒッターから以前譲り受けたものだという。

「あれだけ長電話したのに何だったんだと(笑)」

 次に、秋になって別のコンペの日程が迫ってきたため、仕事でつき合いのある横浜ゴムに相談したところ、銀座のプロギアショップを紹介された。訪ねてみるとスピン量や打ち出し角などをすべてコンピュータで測定し、ピッタリのクラブを勧めてくれた。

 「やっぱり最新のテクノロジーはすごいですね。結局バッグも含めて全部買いました。あのユーティリティ、ってやつはすごいですね。170ヤードのニアピンを取りましたよ。スコアはブービー賞でしたけどね(笑)」

 かように最近の菰田さんはゴルフから離れている時期が長かったが、ゴルフを始めたのは高校生のころと早かった。親友に「プロゴルファーを目指したいが仲間がいないのでつき合ってくれ」と頼まれたからだ。

 「その話をゴルフ好きの叔父にしたら、本格的にやるなら、とハーフセットを買ってくれましたね。高校生ですから電車で河川敷の安いところに行って、朝イチから駆け足で54ホール回るんですよ。最初にクラブハウス入って最後に出るっていうゴルフでしたね」

 その親友は結局プロにはならなかったが、今でも年間100ラウンドするゴルフ愛好者。以前菰田さんとラウンドしたときには、レッスンプロを同伴し、プロよりも飛ぶしスコアもいいのだが、プロからアドバイスを受けて、きちんとお金を払っていた。長きにわたってずっとゴルフへの情熱を失っていないことが印象的だったという。

 「その彼が、この前68で回ったんです。67歳だったから、もう少しでエージシュートですよね。この年齢でベストスコアが出るとは思わなかったってすごく喜んでましたね。やっぱりゴルフの楽しみは、ここにあるんじゃないでしょうか」

 40代以上のゴルファーと一緒に回ると、「昔はよかった」「最近飛ばなくなった」的な話をする人が10人に9人はいる。「私もそうですよ」というと「あんたはまだ若いから、と返される」。かといって「確かに飛びませんね、でも若いころと比べてもしょうがないんじゃないですか」などというわけにもいかず、正直、非常に面倒くさい話題である。

 菰田さんの友人のように努力を重ねてさえいれば、突然神様がご褒美をくれることがあるのだ。いくつになってもうまくなれる。確かにゴルフの魅力の一つかもしれない。


菰田 潔さん(こもだ・きよし)
1950年生まれ、東京都出身。日本自動車ジャーナリスト協会会長、BMWドライビングエクスペリエンス・チーフインストラクター。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車連盟(JAF)交通安全・環境委員会委員など活動は多岐にわたり、各自動車メーカーの新モデルの試乗や、タイヤのテストドライブのほか、最近は「U-18運転予備校」や「ホメパト」といった安全に楽しく運転する方法の啓蒙活動にも力を入れている。JAFの機関誌『JAFMate』連載や、『クルマの運転術』(ナツメ社)など著書も多数。

練習用に何度も打てるコースがあればいいな 奥さまと一緒にゴルフを楽しむこともあるという菰田さん。

 「オーストラリアのゴールドコーストに旅行に行ったとき、妻は同じところから5球ぐらい打って、その中から一番いいボールを選ぶ、という方式でラウンドしたら、翌日にはけっこう当たるようになってきたんです。バンカーだけは手の5番で(笑)。練習場とコースは全然違うから、初心者がそういう楽しみ方ができるコースが日本にも増えるといいなと思いますね」(菰田さん)

 写真は、新しいユーティリティでニアピンを取 った、大箱根CC(神奈川県)でのコンペの際の1枚。


週刊パーゴルフ(2019年1月8日・15日号)掲載 / 写真・鈴木健夫

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ