知らぬは恥! 絶対覚えておきたいルール教室 2019年のゴルフ規則の主要変更点 -その3- 続・ジェネラルエリア

球を捜せるのは3分までとなります

3分間の球の捜索時間が終了しても、確認のための合理的な時間は認められる

 新しいゴルフ規則では、プレーヤーやプレーヤーのキャディが球を捜し始めてから3分以内に見つけることができなければ、その球は紛失したこととなります。

 以前まではプレーヤーやキャディが5分以内に見つけるか、プレーヤーの球であるかどうか5分以内に確認ができなければ、プレーヤーの球は紛失したことになっていました。それが今年から3分に短縮されました。

 しかし、球が時間内に見つかったが、それがプレーヤーの球であるかどうかはっきりしない場合、プレーヤーは速やかにその球の確認(新規則7-2参照)をしようとしなければならず、3分の球の捜索時間が終わった後であっても、確認するための合理的な時間が認められます。これは、球が見つけられた場所に、プレーヤーが確認しに行くための合理的な時間も含まれます(新規則18-2参照)。

 また、隣のホールに球が行って球を捜すようなケースでは、隣のホールを違うプレーヤーがプレーしているために球の捜索が一時的に中止してしまったときなどは、その時間はカウントされず、球を捜せるようになってから再び捜索の時間がカウントされ、中止前と捜索再開後の捜索時間を合計して3分となるのです。

 そして、球を捜索中に偶然自分の球を蹴飛ばしたり、動かしてしまった場合、以前までは1打の罰が課せられていましたが、新しい規則ではそれが偶然であれば無罰ということになりました。

 これによってプレーヤーがコース上で球を捜索中に偶然動かしてしまったようなケースでは、その動かされた球は無罰で元あった箇所にリプレースと統一されて、分かりやすくなったと思います。

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ